Shiramizu

オーブンで簡単、シャンパンがすすむドライトマトの作り方2015.11.20 UPDATE

151120_04

冷えたシャンパンのキリッとした酸味と焼いて甘味を引き出したドライトマトはシンプルですが相性抜群。今回合わせたシャンパーニュは、ピエール・モンキュイ。簡単で、すぐにつまめるおもてなしメニューです。ミニトマトのオーブン焼きミニトマト2パックエクストラオリーブオイル少々塩少々<作り方>①ミニトマトは洗ってからヘタを取り縦半分に切る。②オーブンシートをひいた天板にトマト同士がつかないように並べ、余熱なし1...

続きを読む

角煮で楽しむ脂の旨味とカベルネのタンニンのマリアージュ2015.10.23 UPDATE

151023_01

パーティーメニューの主役に山椒が効いたスパイシーで旨味たっぷりの豚の角煮はどうでしょう?時間がかかって難しそうな豚の角煮も、圧力鍋を使えば簡単に。今回は、しっかり味のついた旨味たっぷり豚の角煮にピッタリな、果実味たっぷりのフルボディータイプの赤ワインをオススメします。タンニンたっぷりなカベルネソーヴィニヨンに合わせて、ちょっとアレンジした豚の角煮は、シナモン、アニスを加えたスパイシーさ、砂糖の代わ...

続きを読む

【初めてのグラス選び】大吟醸グラスがあるってホント?2015.10.05 UPDATE

eye

今回のテーマ大吟醸グラスがあるってホント?日本酒にも専用グラスが必要!?和食文化の広がりとともに、今や日本酒は世界でも「SAKE」と呼ばれ、人気が高まっている。米と麹と水を主な原料とする清酒は特有の製法で造られ、ワインと同じ醸造酒に分類される。特に香り高い吟醸酒は、グラス選びで味わいが大きく変化する。そこで「リーデル・ジャパン」のグラスエデュケイターである白水健氏に、日本酒にマッチするグラス選びの...

続きを読む

ホタテのソルトバター焼き|「シャルドネ」ワインに合うレシピ2015.08.28 UPDATE

150828_01

白ワインと魚介というマリアージュは皆さんもイメージしやすいと思います。しかし、どんな白ワインとどんな魚介、さらにはどんな味付けにするかによって、相性も変わってきます。そこで、今回は白ワインの中でも良く知られているブドウ品種「シャルドネ」と、ホタテを使ったマリアージュの一例をご紹介します。「シャルドネ」は世界中で生産され、ブドウ畑の環境や醸造方法など様々な条件で、出来上がるワインのスタイルが大きく変...

続きを読む

イタリアワインを代表する辛口白ワイン「ガヴィ」にはカラマリフリット2015.08.21 UPDATE

150821_01

今回選んだ白ワイン「ガヴィ」は、高級食材トリュフで有名なアルバ、バローロやバルバレスコなどの銘醸赤ワインでも知られるイタリア北西部のピエモンテ州で造られる辛口白ワイン。ブドウ品種は、この土地の土着品種であるコルテーゼという白ブドウ主体。ガヴィは、淡いグリーンがかったイエローに柑橘やハーブの香りをまとい、シャープな酸味とすっきりした余韻が特徴のシンプルドライな白ワインです。造られてからすぐ飲まれる早...

続きを読む

辛口リースリングに!ホワイトアスパラガスのベーコン巻き2015.05.29 UPDATE

150529_01

リースリングといえば?白ワイン、リースリングと聞いたらドイツの甘口を想像しますか?それともフランス、アルザス地方のドライなリースリングを想像しますか?リースリングというと今では、オーストラリアやカリフォルニアなど様々な地域で、辛口から甘口まで幅広く造られていてキャラクターも様々です。辛口のリースリングを合わせるなら、こんなレシピで今回は、世界トップクラスのリースリングを生む、フランス アルザス産の...

続きを読む

非公開カーブ、ルイ・ロデレール見学記|クリスタルのルミアージュ2015.05.22 UPDATE

150522_01b

シャンパン好きな人なら誰もが憧れるシャンパン「ルイ・ロデレール・クリスタル」クリスタルは、世界最古という歴史あるプレスティージュ・キュヴェ。その起源は18世紀、ルイ・ロデレールのシャンパーニュを寵愛していたロシア皇帝アレクサンドル2世が、自身の名声を象徴するようにクリスタル製の瓶に詰めたシャンパーニュを所望したことに始まります。ーエノテカさんHPより抜粋因に、ルイ・ロデレール・クリスタルは、シャン...

続きを読む

ワインやシャンパンと相性抜群!ワインビネガーと赤米で“手まり寿司”2015.04.24 UPDATE

150424_00

ワインやシャンパンを寿司に合わせるポイントは、糖分の少ない「赤米」と、寿司酢として「ワインビネガー」を使うこと。ワインの酸とワインビネガーのマッチングはよりシンクロ率が上がります。ワインに合わせるためメインの具材選びも重要ですが、最後に添えるトッピングも、見た目と味わいの大事なアクセントになりますよ。ワインに合う、洋風手まり寿司のレシピ(約18個分)白米3合赤米大さじ5白ワインヴィネガー大さじ4砂...

続きを読む

ジャーサラダの次はオーサラダ?爽やかいよかんドレッシング2015.03.06 UPDATE

01

最近話題の「ジャーサラダ」。メイソンジャーという、フタ付きのガラス容器にサラダを盛り付けると、冷蔵庫で4〜5日保存可能で、野菜のシャキシャキ感も持続するとか。ニューヨークでは、日曜日の夜に一週間分のサラダ・ランチを作るキャリアウーマンが多いそうです。ホームパーティなら、メイソンジャーよりワインタンブラー!野菜の色彩を、目で見て楽しむこともできるジャーサラダ。リーデルのワインタンブラーを使って、一人...

続きを読む

シャンパンの風味が贅沢な、ヘルシー焼きリンゴの簡単レシピ2014.12.19 UPDATE

141219_1

ピノ・ノワール主体のシャンパンが持つアロマといえば、ミントやリンゴ、ナッツの香ばしさ。まさにこの組み合わせで、シャンパンとの一体感を楽しめる焼きリンゴを作ってみました。砂糖とバターを使用しないので、とってもヘルシーなデザートです!<焼きリンゴのレシピ(4個分)>リンゴ4個クリームチーズ120gシナモンスティック2本ミント適量シャンパン大さじ1作り方①リンゴの芯をナイフとスプーンでくり抜く。 ②くり...

続きを読む

ボジョレー・ヴィラージュやクリュ・ボジョレーをさらに美味しく楽しむグラス選び2014.11.19 UPDATE

141119_fb4

ボジョレー・ヌーヴォーで有名な仏 ブルゴーニュ地方のボジョレー地区。ここでは、新種である「ヌーヴォー」以外にもスティルワインを生産していますが、殆どが赤ワインです。栽培されているブドウの多くは「ガメイ」という品種で、世界で栽培されているガメイの実に70%が、このボジョレー地区で造られています。ガメイの正式名称 "Gamay noir a ju blanc" 「皮は黒いがジュースは白い」という名の通...

続きを読む

シャンピニオン(きのこ)のリゾット|赤ワインと一緒に秋を満喫2014.10.31 UPDATE

141031_1c

フランス産のキノコなど、秋ならではの面白いシャンピニオン(きのこ類)をデパートで見つけたので、リゾットにしてみました。シャンピニオンとは、主にマッシュルームのフランス語ですが、広い意味ではきのこ類全般を指すときにも使用する言葉です。バターでソテーしたきのこをふんだんに使ったリゾット。ニンニクとエシャロットを刻んで、シャンパーニュで香り付けをすればワインが飲みたくなる極上リゾットの完成です。今回使用...

続きを読む

ホタテとレモンクリームのタリアテッレ2014.09.19 UPDATE

140919_0

国産レモンがたくさん手に入ったので、レモンの皮をふんだんに使ったパスタを作り、ワインとマリアージュさせてみました。 ちなみに、輸入レモンは、店頭に並んだ時に最高の色合いとなるように、まだ青いうちに収穫されたものが多いのですが、国産レモンは基本的に、充分完熟したものを収穫します。輸入レモンに比べると、国産レモンの方が、平均1~2度糖度が高いといわれています。 防腐剤などを使っていないので、皮の香りが...

続きを読む

簡単!自家製サングリアの作り方|フルーツたっぷり本格レシピ2014.09.05 UPDATE

140905_sangria11

サングリアは、地中海に面するスペイン・アンダルシア地方発祥の、気軽なワインカクテル。状態がベストではないワインを、美味しく飲めるように創意工夫したのが始まりだとか。だから飲み頃が過ぎてしまったワインや、お手頃なワインでも、とっても美味しくできるんですね。赤ワインにフルーツやシナモンを入れるだけの簡単レシピで、見た目も華やか。まさにワインラバーのための、パーティカクテルですよね。おすすめは、シラーズ...

続きを読む

カレーに合わせるなら、やっぱりインドのワインがおすすめ!2014.08.29 UPDATE

140829_1

インドでワインを造っていること、ご存知でしたか?リーズナブルでとても美味しく、ラベルもかわいいワインがあるんです。そのワインとは、スラ・ヴィンヤーズのシュナンブラン。2000年に登場したこのワインは、昨年には世界ソムリエ選手権日本大会決勝の出題ワインとなり、現在フランスの三ツ星レストラン等にもオンリストされています。良く冷やしてから、テイスティングをしてみました。熟したパイナップルや、白胡椒を彷彿...

続きを読む

真鯛のアクアパッツァ-ロゼワインに合う簡単レシピ2014.08.22 UPDATE

140822_001

アクアパッツァとは、新鮮な魚介をトマトやにんにく、ケイパー、香草などと一緒に煮込むイタリア・カンパニア州の料理。元来は獲れたての魚や貝を海水で煮る、豪快な漁師料理でした。今回は魚介の風味を凝縮させるため、水は使わずワインだけで蒸し焼きにしてみました!<レシピ>▼材料(4人分)調理時間:約20分真鯛切り身4切(他の白身魚でも)あさり20個ムール貝8個※あさりは充分に砂抜きをし、ムール貝と共に殻をこす...

続きを読む

夏のワインパーティを盛り上げる!『ミニトマトとマスカルポーネのカラフル・タルト』2014.08.01 UPDATE

140801_05

太陽をたっぷり浴びた夏野菜。夏らしい彩りと香りが、食欲をかきたててくれますよね。可愛らしいカラフルなミニトマトを手に入れたので、『ミニトマトのカラフル・タルト』を作ってみました。夏のワイン・パーティが盛り上がりますよ!<レシピ>▼カラフルミニトマトのタルトミニトマト30〜40個ほどマスカルポーネ(クリームチーズ)250g生ハム80gほど生クリーム100ccディル少々赤ワインビネガー少々塩少々▼タル...

続きを読む

今年一番の傑作「焼きナスの冷製ムース」と熟成白ワインのマリアージュ2014.07.25 UPDATE

140725_02

ここ最近で一番美味しく、自分で作っておきながら(!)衝撃を受けた「焼きナスの冷製ムース」。スモーキーな香りが食欲をそそる焼きナスを、ふんわりムースにして、熟成白ワインと合わせました。とにかく美味しく、作り方も簡単。夏ワインのおつまみとして、自信をもってオススメできる一品です!<焼きナスの冷製ムース>▼材料(4人分)ナス3本生クリーム120cc粉末コンソメ少々粉末ゼラチン5g塩少々タラバガニ少量いく...

続きを読む

貴腐ワインの王様『シャトーディケム』2014.06.20 UPDATE

stout_5

黄金に輝き、誰をも魅了し続ける貴腐ワイン、シャトーディケム。1本の葡萄樹から造られるワインの量は、グラスでたった1杯分と言われます。数年前、シャトーディケムに10代目当主ゲオルグ・リーデルの姿がありました。優雅で気品溢れるシャトーの中は、緊張感が漂います。貴腐ワインやアイスワインなど、デザートワインにオススメなのは、リーデルの『ソーテルヌグラス』。「甘味を奪い」「酸味を豊かに」表現すると言われるこ...

続きを読む

アサリとハマグリの贅沢酒蒸し(シャンパン蒸し)2014.05.30 UPDATE

140530_1

先日行った潮干狩りで、アサリはもちろんのこと、蛤もたくさん採れたので、シャンパンと一緒に美味しくいただきました。アサリと蛤の定番料理といえば酒蒸し。シャンパンと合わせるならばということで、この日はシャンパンで蒸してみました。海のミネラルと、シャンパンのミネラルの共演。上品な香りの酒蒸し(シャンパン蒸し)になりました。<レシピ>アサリとハマグリ適量(砂抜き済み※)オリーブオイル適量ニンニク一かけイタ...

続きを読む

ホワイトアスパラのおいしいゆで方&オランデーズソースレシピ2014.05.23 UPDATE

140523_1

4月から6月がホワイトアスパラの美味しい季節。まさに今が旬。キンと冷えた爽やかな白ワインが良く合います。今回は、素材を楽しむ為に一手間加えた、美味しいホワイトアスパラのゆで方をご紹介します。ホワイトアスパラガスのおいしいゆで方このホワイトアスパラは仏ボルドー産で、ワインのコルクよりも太く、食べ応えも十分<用意するもの>ホワイトアスパラお好みの本数レモン4分の1水鍋にアスパラの長さの半分ほど<ゆで方...

続きを読む

白ワインと相性抜群!そら豆スープのカプチーノ仕立て2014.05.09 UPDATE

img01

そら豆はサクラの咲いた2ヶ月後が旬とされているのはご存知ですか。まさにこれからが美味しい季節。さっと茹でるだけでも美味しいですが、一手間かけると華やかでワインにピッタリなメニューに変身します。今年はそら豆に白ワインを合わせてみませんか?そら豆のスープ カプチーノ仕立て材料そら豆さやつき300g程玉ねぎM1/2個セロリ半分牛乳100cc生クリーム100cc水200ccバター15g塩少々固形ブイヨン半...

続きを読む

レモンパイとシャンパーニュ。甘酸っぱい、春のマリアージュ。2014.04.04 UPDATE

140404_05

レモンパイとシャンパーニュ。シュワシュワで甘酸っぱい、 春にピッタリなコンビネーションです。レモンパイの作り方は思ったよりも簡単です!まずはパイ生地に、レモンカスタードとレモンを絞ったメレンゲを、ふわっとのせます。180度のオーブンで、10分ほど焼けば、レモンパイの出来上がり。合わせるのは、ドゥミ・セックのほんのり甘いシャンパン。 酸味と甘味が素敵なマリアージュを演出します。 レモンパイのカスター...

続きを読む

ミキサーにかけるだけ『苺のスープ』とボジョレーのマリアージュ2014.03.14 UPDATE

140314_1

ボジョレーといえば、苺の香りがキュートなワイン。 苺との相性もバッチリです。セラーにボジョレーが残っているのをみつけたので、 イチゴ狩りに家族と出かけ、苺の冷製スープを作ってみました!苺の冷製スープ(4人分)材料いちご2パック分レモン1/2個の果汁白ワインビネガー大さじ2塩少々オリーブオイル少々生ハム、バジル、レモンの皮各適量ポイント食事として楽しむために、砂糖は使いません。 酸味のしっかりとした...

続きを読む

白ワインと相性抜群!『カリフラワーとホタテのムース』の簡単レシピ2014.02.07 UPDATE

カリフラワーとホタテのムース

先日、百貨店でカラフルなカリフラワーをみつけたので、かわいいカラーを活かしたムースを作ってみました。ホタテの貝柱も合わせることで、リッチなテイストの白ワインと相性抜群の前菜に仕上がりました!カリフラワーとホタテのムース(2〜3人分)材料カリフラワー1株牛乳300cc生クリーム50cc粉ゼラチン3gホタテ貝柱12個塩適量芽ネギ少々1)カリフラワーは下ゆでし、帆立もサッと湯に通す。2)下ゆでしたカリフ...

続きを読む

新年のパイ菓子『ガレット・デ・ロワ』とシャンパンで美味しく運試し!2014.01.06 UPDATE

ガレット・デ・ロワ

フランスの新年のお菓子「ガレット・デ・ロワ」フランスでは、新年にガレット・デ・ロワというパイ菓子が、いっせいにお菓子屋さんやパン屋さんに並びます。キリスト教の祭日である公現祭(1月6日)に、シャンパーニュやスパークリングワインと共にフランスで食べられる伝統的なお菓子です。「ロワ」とはフランス語で「王たち」を意味し、キリストの誕生を祝って東方よりやって来た3人の賢者(王様)を表しています。当たれば一...

続きを読む

とっておきのクリスマスレシピ「ビーツのリゾット」シャンパンの香りを添えて2013.12.16 UPDATE

ビーツのリゾット

今年もクリスマスまであとわずか・・クリスマスのメニューはきまりましたか?今回は、真っ赤なカラーがクリスマスにピッタリの「ビーツのリゾット」をご紹介します。友人に作ってもらい美味しかったレシピを、ロゼシャンパンを使ってアレンジしました。ビーツは、見た目はカブと似ていますが、砂糖の原料としてつかわれる「てんさい」の仲間。鉄分を含む栄養価が高く、野菜の中では最も甘い部類に入り、食べるとほんのり甘いのが特...

続きを読む

ポルチーニ?セップ茸のバター焼き?秋の味覚と赤ワイン2013.10.26 UPDATE

1

トリュフに松茸。トップクラスのキノコは名前の響きだけで、うっとりしてしまいます。しかしどれもなかなかのお値段。ヨーロッパにはもう一つ有名でとっても美味しい、けれどお手頃なキノコがあります。「ポルチーニ」と「セップ」ポルチーニとは、イタリア語で「豚のような」という意味で、たしかに丸々ふっくらしています。 日本では「ヤマドリダケ」と言って、こちらも名前のとおり山鳥のようにふくらんだ形が由来のようです。...

続きを読む

生ハムメロンはもう古い?甘口シャンパンに合わせるなら桃ハムです!2013.08.23 UPDATE

生ハムと桃とシャンパーニュ

塩気と甘みのハーモニー。クルミをかじって食感も楽しんでください!材料白桃 1個ブルーチーズ(スティルトン)適量生ハム(プロシュート)適量オリーブオイル 少々作り方1.白桃を一口大に切り2.ブルーチーズと一緒に生ハムで巻いて3.オリーブオイルをかけたら出来上がり甘口シャンパーニュと最高のマリアージュ合わせたのは、モエ・エ・シャンドンのネクター。ほのかな甘みに、クリーミーな舌触り。桃ハムとのハ...

続きを読む

5分でできる、ワインのための夏の前菜。パイナップルでカルパッチョ!2013.07.26 UPDATE

パイン2

こんにちは。全国どこに行ってもこの暑さからは逃れられませんね・・こんな暑い日に楽しみたい、夏100%の簡単おつまみレシピをご紹介します。デザートではなく、前菜にバッチリな『パイナップルのカルパッチョ』。パイナップルの甘酸っぱさに、バジルの香り、ピンクペッパーがアクセントの夏レシピ。レシピはもちろんシンプルです。材料パイナップル(酸味の少ない完熟パイン)バジルオリーヴオイル(あればエクストラバージン...

続きを読む

漬けて挽いて混ぜるだけ。プチプチ食感がたまらない、自家製マスタード。2013.06.14 UPDATE

画像1

暑くなりましたね!夏はもうすぐそこです!日本代表サッカーやプロ野球、何かとアツいこの季節にピッタリなソーセージとビール。今回はそのソーセージと相性抜群の、マスタードのレシピをご紹介。以外と簡単なんです。材料イエローマスタードシード、ブラウンマスタードシード 合わせて80gハチミツ 大さじ1穀物酢     80cc白ワイン   大さじ1塩      小さじ1ターメリック 小さじ1作り方①お酢半量にマ...

続きを読む

カツオに赤ワイン?上り鰹とピノノワールを結ぶ爽やか苺ドレッシング2013.04.26 UPDATE

鰹とワイン

(調理時間:10分)今日は、今が旬(4−5月がピーク)な上り鰹(初カツオ)の赤ワインにピッタリなおつまみレシピをご紹介します。鮮魚に赤ワイン?そんな疑問は、実際に合わせれば納得に変わるはずです!材料鰹 ひとさく<ドレッシング>苺(とちおとめ等、酸味がある種類がオススメ)ワインビネガー 適量オリーヴオイル ほんの少し塩 適量<付け合わせ>新タマネギスライスベビーリーフ作り方①鰹を一口大にスラ...

続きを読む

お花見ワインのおつまみに!「バジルトマト&チーズ・スコーン」のとっても簡単な作り方2013.03.22 UPDATE

スコーン

今日は、アウトドアシーンでワインにピッタリなおつまみ、「スコーン」のレシピをご紹介します。桜に合わせてロゼワインにも相性がよく、赤から白まで、ワインを選ばない気軽さが魅力です。スコーンは、具材の組み合わせのアイデア次第で、レシピは無限大。そんな中から白水流の一品「バジルトマト&ホワイトチェダースコーン」をご紹介します。生地材料強力粉  200g塩  ひとつまみ砂糖  30gベーキングパウダー 小さ...

続きを読む

リーデルスタッフのおすすめレストラン2「ビストロ アンバロン(EN BALLON)」2013.03.06 UPDATE

ミル貝とオレンジのサラダ

リーデルのスタッフが自信を持ってオススメするレストラン第二回は、西麻布の交差点から5分程歩いた閑静な場所に佇むビストロ「アンバロン」。オススメのポイントは何と言っても、オンリストのワイン達。フランスワインが中心で、ボルドーやブルゴーニュはもちろんのこと、熟成したいろいろな地方のワインがボトルでリーズナブルに愉しめる、ワイン好きにはたまらないお店です。オーナーソムリエの両角氏は物静かな雰囲気ですが、...

続きを読む

旬な苺をたっぷりのせてどうぞ!簡単!とちおとめの冷製パスタ2013.02.14 UPDATE

写真

今回の白水オススメレシピシリーズは、旬な苺をたっぷり使った冷製パスタ「とちおとめのカッペリーニ」をご紹介。こちらは、とある知人シェフに食べさせていただいてとびきり美味しくて忘れられず、自宅で再現&アレンジを加えてみました。苺のニュアンスを持つ、イタリアのほのかな甘口スパリークリングワイン”ランブルスコ”が良く合います。材料は2人前苺1パック(とちおとめがオススメ)※酸味がある種類を選ぶのが美味しく...

続きを読む

シャンパーニュを食中酒として楽しむ。2013.01.30 UPDATE

シャンパーニュをワイングラスで飲んだことありますか?シャンパーニュも「発泡性ワイン」ですので、泡や味わいだけでなく、「香り」も楽しみたいですね。以前ブログで、シャンパーニュグラスの種類や使い分けのお話をしましたが、やはりシャンパーニュを飲むには細長い「シャンパーニュグラス」で飲むイメージが強いと思います。細長いシャンパーニュグラスは、シャンパーニュのきめ細やかな泡を舌に集め、飲む人に「泡の爽快感」...

続きを読む

ロゼシャンパーニュにはピノ用グラスがいい?
食中酒としてシャンパーニュを楽しむグラス選び。
2013.01.25 UPDATE

rose

こんなに大きなワイングラスでシャンパーニュを飲んで美味しいのでしょうか?今日は「シーンによって使い分ける」シャンパーニュのためのグラス選びについてお伝えします。食前、食後に楽しむシャンパーニュに最適なフルートグラス以前、本ブログで紹介した2種類のシャンパーニュグラス。どちらも、フルート型と呼ばれる細長いグラスです。この2つのグラスに共通するのは、シャンパーニュのきめ細やかな泡を舌に集め「泡の爽快感...

続きを読む

仕込んで簡単、自家製パテ・ド・カンパーニュの作り方。2012.11.22 UPDATE

パテドカンパーニュ

みなさま、こんにちは。美味しいものが多く出回るこの季節、皆様も親しい友人や家族と集まって、ご自宅でワインや食事も愉しまれる機会も多いのでは!?集まるメンバーがいつも同じ場合、おつまみや食事などのメニューに困ったことがありませんか?また、ゲストが集まる当日は何かと慌ただしく、当日に凝った料理など作る暇がない!というようなことも。今回は、事前に、時間がある時に作って保存ができ、出来立てよりも日数が経っ...

続きを読む

ロゼ・シャンパンの華やかな香りと味わいを楽しむグラスの選び方2012.08.24 UPDATE

Champagne

皆さん、こんにちは。テイスティングチームの白水です。残暑厳しくまだまだ暑い日が続きそうですね。そんな熱い中、シャンパンを楽しまれる方も多いかと思います。私も休日の夕刻、キン!と冷えたロゼシャンパンと一緒にとれたてトマトをそのままかぶりつき!コクのあるロゼ・シャンパンと夏の太陽を浴びた味の濃い肉厚トマトの相性も最高でした!さて、今回はそんな見た目、香り、味、どれをとっても華麗でゴージャスな「ロゼ・シ...

続きを読む

オレンジリゾットとシャンパンの爽やかご飯 オマール海老入れちゃいました。2012.05.08 UPDATE

Wine Loverのみなさん、こんにちは。テイスティングチームの白水です。ゴールデンウィークは、どう過ごされましたでしょうか?都内の新名所はどこも人、人、そして人...ということで私は、はなっから外出はあきらめて、家で昼からワイワイ仲間とワインを飲みました。<オレンジのリゾット>食材を買いに築地をふらっとしていたら、さすが世界の築地。元気な活きオマール海老がいたので衝動買い。出汁を使いたいと思っ...

続きを読む

ブルゴーニュ紀行その1 ~銘醸地に囲まれた街「ボーヌ」と美しきワイナリー~2012.03.19 UPDATE

こんにちは。テイスティングチームの白水です。先月、フランスのブルゴーニュ地方にある、いくつかの村を周ってきました。オススメポイントをいくつかのシリーズに分けてご紹介したいと思います。フランスワインが好きな方は、行かれたことのある方も多いのでは?パリからブルゴーニュへのアクセスは、電車か車。ブルゴーニュの畑や村をいろいろ周りたい方には、銘醸地に囲まれた街「ボーヌ」を、拠点とするのがオススメです。電車...

続きを読む

ガトー・ショコラにワイン2012.01.22 UPDATE

こんにちは。グルメ担当、白水です。正月休みに、ガトー・ショコラを作ってワインと楽しみました。もう少しでバレンタイン。実は私とてもチョコ好きなんです。(皆様よりチョコお待ちしております 笑)ガトー・ショコラは、シンプルですが、濃厚でチョコレート感たっぷりの、チョコ好きにはたまらない一品。「今年初めての作品」ということで、カリフォルニアはナパヴァレー、セントヘレナにあるビックワイナリー、「オーパス・ワ...

続きを読む

クリスマスサラダ from 鹿児島2011.12.19 UPDATE

皆様こんにちは。「食」情報を発信するグラス・エデュケーター、白水です。今回、美味しさ溢れる鹿児島は「天空の森」を、幸運にも訪れる機会がありましたので少しご紹介を。東京ドーム13個分、山丸ごと1つが敷地、という超広大かつ、ラグジュアリーなリゾート、「天空の森」。時間など忘れて、時計を外して来ることをオススメします。写真は朝食ですが、何と、これで一人分。全ての食材が敷地内で調達され、素材の香りと新鮮さ...

続きを読む

和栗とワインの楽しみ方2011.10.27 UPDATE

皆さん、こんにちは。Food情報を発信する、Tチーム白水です。先日、山栗を拾いに中軽井沢へ。その時のお話を少し。山栗って、すごく小粒。「どんぐり」よりちょっと大きいという感じで、思ってたよりだいぶ小さい。小粒でも甘くて美味しい。今年は、前回の鎌倉同様に台風の影響で栗が落ちちゃったようで、例年より少ないそう。やっぱり落ちてる栗を探すとなると、子供より真剣になってしまう(笑)さて、それから数日後、拾っ...

続きを読む

鎌倉野菜で鎌倉御飯を2011.10.14 UPDATE

皆さんこんにちは。リーデルの白水です。今回は、食欲の秋ということで、先日行った鎌倉のお話を少し。野菜を買いに、ちょっと鎌倉まで。朝一番で鎌倉市農協連即売所に行ってきました。巨大なズッキーニ、白茄子、青茄子、四角豆、一口人参、クレソン、バジルなどを購入。安くて新鮮、季節によって珍しい西洋野菜(鎌倉野菜)などもあるので、ついついたくさん買っちゃいます。オススメです。http://www.city.ka...

続きを読む

夏野菜とワインの楽しみ方2011.08.31 UPDATE

今日で8月も終わり。急いで夏休みの宿題を!なんて定番な風景も身近で起きているのでは。皆さんの夏季休暇はいかがでしたでしょう?私は例年通り、福島にある妻の実家でのんびりと夏野菜をたらふくいただきました。そんなのを少しご紹介。福島の野菜、本当に美味しい。放射能の風評などどこへやらです。トマピーというマトの形をした新種のパプリカ。肉厚でみずみずしくジューシー。とりあえず丸かじりしました。かわいい。Lau...

続きを読む

機能美がもたらす至福な一時2011.07.22 UPDATE

今回は、私が一番好きなグラスをご紹介します。あとは完全プライベート。 Sommelier シリーズ Sauterne名前の通り、貴腐ワイン用。 ピタッとそのワインイメージにピントを合わせたような、このグラスのワイン描写力は飲み手に感動を与えてくれます!私は、このグラスのフォルムが好きなんですよね。このフォルムの美しさが、ワークショップで偶然生まれたことも素敵です。ハンドメイドならではの口当たりも...

続きを読む

チャリティー・モルト・テイスティング・イベント2011.05.26 UPDATE

先日、「スコッチ文化研究所」×「ベリー・ブラザーズ&ラッド」主催の東日本大震災へのチャリティー・モルト・テイスティング・イベントが六本木ヒルズクラブで開かれ、参加させていたただきました。12アイテムのモルトをテイスティングさせていただきました。いろいろなキャラクター、様々なヴィンテージをテイスティングしてみて改めてモルト深さ、楽しさを痛感しました。皆さんもリーデルのシングルモルト/ウイスキー・グラ...

続きを読む

ワインを飲もう。2011.04.25 UPDATE

携帯電話の緊急地震速報の音、好きになれません。何度聞いても慣れない。音を変えられればいいのに。そんな余震も最近少し減ってきた気もしますが、夜の街を歩いても相変わらず節電の影響で暗く、ついつい何か暗い気持ちに。「さあ、飲みに行くぞ!」っていう街の明るさではないですね。だけど、こういう時こそ美味いものを食べに、美味しいワインを飲みに行って自分に明日の元気と、みんなで飲みに行くことで、日本の経済を明るく...

続きを読む

地震と津波の被害を受けた皆様に、心からお見舞いを申し上げます。2011.03.14 UPDATE

logo

3月11日14時46分、オフィスで横揺れを感じた。すぐ収まるかと思うと、揺れはどんどん大きくなって、怖くなり外へ。幸いオフィスは2階なので、すぐに大通りまで出た。30階以上あるビルなので上層階の方達はかなり不安だったのでは。そこから見た光景は、40階以上あるビルがメトロノームのようにはっきりと大きく揺れ、大勢の人が通りや車道まで飛び出し、呆然と不安げに揺れるビルを見上げながら波打つ地面にやっと立っ...

続きを読む

地震と津波の被害を受けた皆様に、心からお見舞い申し上げます。2011.03.14 UPDATE

3月11日14時46分、オフィスで横揺れを感じた。すぐ収まるかと思うと、揺れはどんどん大きくなって、怖くなり外へ。幸いオフィスは2階なので、すぐに大通りまで出た。30階以上あるビルなので上層階の方達はかなり不安だったのでは。そこから見た光景は、40階以上あるビルがメトロノームのようにはっきりと大きく揺れ、大勢の人が通り、車道まで飛び出し、呆然と不安げに揺れるビルを見上げながら波打つ地面にやっと立...

続きを読む

わいんねた2011.01.31 UPDATE

最近、友人の店で面白いワインを見せてもらった。何だ、このボトルの形は! ニュイ・サン・ジョルジュ 62年今では、ブルゴーニュのワインボトル=なで肩ボトル、ボルドーのワイン=いかり肩ボトルのイメージが強い。しかし、昔は意外とボトルの形は適当だったという話を聞いた。写真を取るのを忘れましたが、なで肩のボルドーワインなんてものも。ヴォギュエのブルゴーニュ・ブラン 01年何とロットナンバー1番!一樽目は美...

続きを読む

「ユニオン・デ・グラン・クリュ・ド・ボルドー」トレード・テイスティング開催2010.12.27 UPDATE

先日、東京で「ユニオン・デ・グラン・クリュ・ド・ボルドー」の試飲会がワイン業界関係者対象に開催されました。UGCBは1973年に創設され、132の格付けシャトーが加盟しています。リーデルは、現在UGCBのオフィシャル・テイスティンググラスとしてサポートさせていただいております。今回は、現在販売されている2007年ヴィンテージのグラーヴ、ペサック・レオニャン、サンテミリオン、ポムロールマルゴー、サン...

続きを読む