れんこん

れんこん2011.01.12 UPDATE

小耳に挟んだのですが・・・、「花粉症に レンコンが効く」・・・ということです。

「1日2切れのレンコンを食べ続けると、だいぶいいらしい・・・」 んです。

花粉症の庄司は、春先が鬼門。

セミナー前日には、かかりつけのお医者様から処方された強めの薬を飲んで寝ます。

あとは、セミナーに向かう緊張感や高揚感でしょうか?

なぜか、セミナー中は花粉症が落ち着くことが多いですね。

これも、ワインのおかげかもしれません。

そうそう・・・「レンコン」・・・といえば。

第10代目ゲオルグ・リーデルは、レンコンの天ぷらが大好き。

「よく揚げた」ものが特にお好みのようです。

 確かに美味しい(笑)

ただ、毎日天ぷらというのは・・・、40男にはコレステロールという別の悩みがつきまといます。。。

「レンコンを棒状に切って、軽くオリーブオイルをまぶして、トースターで150度5〜7分焼くと美味しい」という情報も得ましたが、その他れんこん料理のオススメレシピをお持ちの方、情報お待ちしています。

さてグラスのお話し。

今回は、庄司秘蔵のグラスです。

すでに、日本では手に入らない・・・のではないでしょうか?

勿論、ハンドメイドです。

リムが薄い!この薄さが、シャンパーニュの泡を、より一層きめ細かく感じさせてくれるのです。

(ハンドメイドの常ですが、個体差やリムの箇所によっての厚さの違いはありますね)

(左が思い出の愛蔵グラス。右側が気軽な家使い用として使っている<ヴィノム> グルメグラス(#6416/21)です)

オーストリア本社のショップで見かけて気に入り購入しました。

「グラス形状と機能」を知るための「グラス・テイスティング・セミナー」を仕事にしている庄司ですが、時には「見た目」で購入することもあるんです。

ワインで言うところの「ラベル買い」でしょうか。

でも、スパークリングワインには、なかなかの機能をもっていました。

その形状は・・・・

(写真左が「見た目」買いした愛蔵グラス。写真右は、ステムが短く安定感抜群の、<ヴィノム> グルメグラス(#6416/21)

ボウル形状は、<ヴィノム> ジンファンデル/リースリング・グラン・クリュ(#6416/15)と同形です)

最近リサイクルショップを見かけると、よく覗いているのですが、たまーに廃盤品や1999年以前のみに日本で販売されていたグラスが見つかることも。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 庄司 大輔
  • Daisuke Shoji

(社)日本ソムリエ協会公認ソムリエ/リーデル社 ワイングラス・エデュケイター


99年にボルドー地方サンテミリオンの「シャトー・トロットヴィエイユ」で学ぶ。日本人初の「リーデル社 ワイングラス・エデュケイター」 。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス