夏野菜とワインの楽しみ方

夏野菜とワインの楽しみ方2011.08.31 UPDATE

今日で8月も終わり。

 

急いで夏休みの宿題を!なんて定番な風景も身近で起きているのでは。

皆さんの夏季休暇はいかがでしたでしょう?私は例年通り、福島にある妻の実家でのんびりと夏野菜をたらふくいただきました。そんなのを少しご紹介。

 

 

福島の野菜、本当に美味しい。

放射能の風評などどこへやらです。

トマピーというマトの形をした新種のパプリカ。

肉厚でみずみずしくジューシー。

とりあえず丸かじりしました。かわいい。

 

 

 

 

 

 

 

Laurent-Perrier Burut Millesime  ’99

もう10年以上経ちますが、99年らしい酸がしっかりと健在で

フレッシュでドライな印象。この日の気温は、36度とシャンパン日和。

 

グラスは、ヴィノムシリーズのキュヴェプレスティージュを使用したのですが、底に施されたスパークリングポイントは、立ち上る繊細な泡をいつまでも途絶えさせず、特徴である程よく膨らんだボールからは、決して強くはないのですが、熟した果実やミネラル香、ほのかな熟成香をしっかりと感じました。

 

まあ、都会から離れた環境というのも美味しくのむポイント(笑)

つまみに、朝採ったミニトマトを200度のオーブンで1時間ほど焼いてオリーブオイルと岩塩、バジルを散らしてみました。

シンプルですがシャンパンとの相性◎

お皿はナハトマン。

 

 

 

 

 

続いては、生食用かぼちゃのコリンキーを

トマト、胡瓜、モッツァレラに刻んだアンチョビとオリーブオイルと塩、最後にたっぷり黒胡椒を。

 

お皿はナハトマン。

夏野菜はカラフルですのでお皿はシンプルに。結構重宝してます。

 

余った、コリンキーをピンクペッパーやニンニクのスライスなどと漬け込みピクルスにしたら美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

野菜を十分堪能した後は...

肉です。

 

醤油、マーマレード、コリアンダー、ローリエ、ニンニクなどなどと漬け込んで(マーマレードがポイント)スペアリブを。

 

ワインは、素晴らしいバルバレスコでした。

Vigin の造る Barbaresco noemy’07

グラスは、グレープシリーズのピノ・ノワール。

流線型のグラスのシェイプ。私のお気に入りです。

実は、ピノ・ノワールというグラスの名前ですがバルバレスコやバローロのようなネッピ・オーロの繊細なワインにもお奨めしているグラス。ボリュームのあるボールの中にとにかく香りが広がり続けます。

 

皆さんに、一度是非使っていただきたいグラスの一つです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 白水 健
  • Ken Shiramizu

(社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー/リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター


学生時代にソノマのワイナリーでブドウの収穫を手伝う。ワインショップ勤務を経てリーデル・ジャパンに入社。日本人3人目の「リーデル社認定グラス・エデュケイター」。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス