【岩の原ワイン訪問記】 <マスカット・ベーリーB> って知っていますか? 

【岩の原ワイン訪問記】 <マスカット・ベーリーB> って知っていますか? 2012.06.04 UPDATE

 

 

みなさま、こんにちは。

最近、「ゆで太郎」さんの蕎麦にはまっている 庄司 (@guresan_shoji) です。

 

冒頭の写真は、今年の1/19頃、岩の原ワイン の今井さんが送ってくれた写真です。

 

さすがの豪雪地帯ですね!!

今年は、ここ10年で最も大雪だったようで、

ぶどう樹にも大変な被害があったようです。。。

 

 

 

 

上の2枚の写真は、上越の豪雪に負けないよう、特殊な仕立てを施したぶどう樹。

 

2012年の冬は、このような造り手の努力をあざ笑うかのような大雪がワイナリーを襲いました。。。

 

実際に庄司がお伺いしましたのは、

今からだいぶ前のことになりますが、2011年の10月後半。

収穫も終わりかけの頃でしたが、汗ばむ程のとてもよいお天気でした。

 

おかげさまでゆっくりと畑を歩くこともでき、

マスカット・ベーリーA などの川上品種発祥の地、

岩の原ワインさんを拝見することができましたので、思い出とともにお知らせ致します。

 

 

 

【マスカット・ベーリーB って? 確かに庄司はB型ですが・・・なにか】

 

 

 

(左)の写真にありますように <マスカット・ベーリーA> が誕生した2年後、

同じく <ベーリー  X  マスカット・ハンブルク> という交配によって生まれたのが、

<マスカット・ベーリーB> です。

 

残念ながらぶどう自体はもうないそうなのですが、

一度 <A と B> で飲み比べをしてみたかったですね(^^)

 

(写真右)は、この豪雪地帯にぶどう栽培の炎を燃やし続けた 川上善兵衛 その人。

彼がいなければ、<マスカット・ベーリーA> は生まれなかったのです。

 

 

 

【さすが米どころ 田んぼが広がるのどかな景色です】

 

 

 

(左)に写っている、<指先まで神経の張った 理想的な指差し> をされているのが「今井さん」です。

実にのどかな風景で、3m以上の積雪があるとは想像もつきません。

 

 

 

【有機栽培のぶどうは、素直に美味しかった☆】

 

上の2枚の写真を見比べると、同じワイナリーの写真とは思えないくらい違います。

(畝の方向は90度ずれてはいました)

ぶどう品種は同じなのですが、(右)の写真が有機栽培の畑なんです。

(左)の写真の区画は、表土に大きな石ころがたくさん見受けれられます。

一方、有機栽培の区画では、畝にたくさんの植物が生い茂っていて、

今井さんのお話しによると、はえている植物の種類も違うのだそうです。

樹に残っていたぶどうを食べてみると驚きますよ☆

想像以上に、果実味や風味が歴然と異なるのです。

もちろん、有機栽培の方が、一言で言うと「濃い」です(^^)

【超肉厚あじフライ との組み合わせは最高でした☆】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 庄司 大輔
  • Daisuke Shoji

(社)日本ソムリエ協会公認ソムリエ/リーデル社 ワイングラス・エデュケイター


99年にボルドー地方サンテミリオンの「シャトー・トロットヴィエイユ」で学ぶ。日本人初の「リーデル社 ワイングラス・エデュケイター」 。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス