ブルゴーニュ紀行その1 ~銘醸地に囲まれた街「ボーヌ」と美しきワイナリー~

ブルゴーニュ紀行その1 ~銘醸地に囲まれた街「ボーヌ」と美しきワイナリー~2012.03.19 UPDATE

こんにちは。テイスティングチームの白水です。

 

先月、フランスのブルゴーニュ地方にある、いくつかの村を周ってきました。

オススメポイントをいくつかのシリーズに分けてご紹介したいと思います。

フランスワインが好きな方は、行かれたことのある方も多いのでは?

 

パリからブルゴーニュへのアクセスは、電車か車。

ブルゴーニュの畑や村をいろいろ周りたい方には、銘醸地に囲まれた街「ボーヌ」を、拠点とするのがオススメです。

 

 

電車ですと、パリから乗換などを含めると2時間半前後、車ですと320km程ですので、4時間程かかります。

村から村への移動は断然車の移動が便利ですが、試飲もしっかり楽しみたい!という場合はタクシーを利用しなければならず、なかなか呼べずにスケジュール通りに行けないことも..

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏在住の友人の運転のもと、レンタカーで移動しました。早朝の車の移動は、霧が出ることがあるので注意が必要です。

 

因みに、ガソリンは日本より高く1L=180円前後、仏レンタカーの主流はディーゼル車で日本のガソリンより少し安く1L=130円前後。

 

 

ボーヌ市街の中で、ボーヌ駅からも歩いて10分くらいとアクセスが良く、オススメの大手ワイナリー・ブシャール・ペール・エ・フィス。

 

敷地内の庭は、まるで「不思議の国のアリス」の世界

 

ゆっくりと散歩が気持ちいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

300万本のワインストックと1846年のムルソーが眠る地下のカーヴ。

 

 

 

 

 

 

 

 

テイスティングはネゴシアンもの、ドメーヌものの赤白9アイテム+α

どのワイナリーの人も英語ができますが、仏語ができるとより多くの話を聞くことができます。(※もちろん私は友人の通訳で・・)

 

 

 

 

 

 

ふと、テイスティングしているグラスを見ると「RIEDEL」の文字が。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーヌの南北に伸びる974号線、通称「グランクリュ街道」

 

ボーヌの北には、ジュヴレシャンベルタンやロマネコンティなどの赤ワイン、南にはムルソー、モンラッシェの白ワインの銘醸地が広がる。

 

数十キロに渡り広がるブドウ畑が迎えてくれます。

 

 

 

 

今回は、北はジュヴレシャンベルタン村、南はピュリニーモンラッシェ村まで周り、5つのドメーヌを訪ねました。

 

 

この時期は、2010年に醸造したワインをボトリング(瓶詰め)する作業がまさに行われている真っ最中。

2010年のワインを、瓶詰め直後と樽からの比較試飲。

その他、比較的リッチなテイストの2009年のワイン、さらに気候が不安定だった為、生産者によってクオリティに幅のある、2008年を中心にテイスティングしました。

 

 

亜硫酸添加前のワインを樽から飲ませてもらう、バレルテイスティングは現地ならでは。

この日のカーヴの中は10℃。ワインの香りが消えないよう、手でワインを温めながらのちょっと過酷なテイスティング。

 

次回は、ボーヌの街で毎週水曜日と土曜日に開催される、賑やかで楽しいマルシェ(市場)をご紹介します!

日本では手に入らない、いろいろな食材など、生産者などから直接リーズナブルに手に入り、フランスの田舎が堪能できます。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 白水 健
  • Ken Shiramizu

(社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー/リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター


学生時代にソノマのワイナリーでブドウの収穫を手伝う。ワインショップ勤務を経てリーデル・ジャパンに入社。日本人3人目の「リーデル社認定グラス・エデュケイター」。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス