漬けて挽いて混ぜるだけ。プチプチ食感がたまらない、自家製マスタード。

漬けて挽いて混ぜるだけ。プチプチ食感がたまらない、自家製マスタード。2013.06.14 UPDATE

 

暑くなりましたね!夏はもうすぐそこです!

 

日本代表サッカーやプロ野球、何かとアツいこの季節にピッタリなソーセージとビール。

今回はそのソーセージと相性抜群の、マスタードのレシピをご紹介。以外と簡単なんです。

 

 

 

材料

イエローマスタードシード、ブラウンマスタードシード 合わせて80g

ハチミツ 大さじ1

穀物酢     80cc

白ワイン   大さじ1

塩      小さじ1

ターメリック 小さじ1

 

 

作り方

①お酢半量にマスタードシードを一晩漬けておく。

②フードプロセッサー、または、すり鉢で挽く。

※今回はかなり粗挽きにする為軽く挽きました。挽きは皆様のお好みで。

③挽いたものをボールに移し、ターメリック、塩、ハチミツ、残りのお酢を加え混ぜる。

④煮沸したビンに入れて完成。保存は冷蔵庫で。

 

 

ポイント

出来たては辛味が強いので、2〜3日寝かせておくと抜けてくるので、加減はお好みで。

 

 

粗挽きのマスタードはプチプチとした食感とピリッと効いた辛味がやみつきになります。そして、ソーセージと言えばビール。

 

 

今回は、ホップをたっぷり使ったIPAビール(インディアン・ペール・エール)を合わせました。心地よい苦味と、スパイシーで香りの良いビールは、焼いた香ばしいソーセージとマスタードがたまりません!

 

 

漬けて挽いて混ぜるだけ。皆さんもオリジナルのマスタード、作ってみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 白水 健
  • Ken Shiramizu

(社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー/リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター


学生時代にソノマのワイナリーでブドウの収穫を手伝う。ワインショップ勤務を経てリーデル・ジャパンに入社。日本人3人目の「リーデル社認定グラス・エデュケイター」。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス