真鯛のアクアパッツァ-ロゼワインに合う簡単レシピ

真鯛のアクアパッツァ-ロゼワインに合う簡単レシピ2014.08.22 UPDATE

アクアパッツァとは、新鮮な魚介をトマトやにんにく、ケイパー、香草などと一緒に煮込むイタリア・カンパニア州の料理。 元来は獲れたての魚や貝を海水で煮る、豪快な漁師料理でした。
今回は魚介の風味を凝縮させるため、水は使わずワインだけで蒸し焼きにしてみました!

<レシピ>

▼材料(4人分)調理時間:約20分

真鯛切り身4切(他の白身魚でも)
あさり20個
ムール貝8個

※あさりは充分に砂抜きをし、ムール貝と共に殻をこすり合わせ汚れを落としておきます。

にんにく1/2かけ
ケイパー20g
オリーブ30個程
ミディトマト8個
白ワイン200cc
ディル適量
イタリアンパセリ適量
EXヴァージンオリーブオイル少々
少々

①鯛の切り身に軽く塩をし、オリーブオイルをひいたフライパンに皮がカリっとするまで両面焼き、あいたスペースににんにくのみじん切りを入れ焦がさないよう香りを出したら、アサリとムール貝を入れる。そして白ワインを注ぎ、フタをします。
②ケイパー・オリーブ・ディル・トマトを加え、またフタをし、貝類が開いたら完成。
③お皿にていねいに盛り付けイタリアンパセリを散らしましょう。

今回ワインは、南仏プロヴァンスの比較的ドライなタイプのロゼを合わせました。
地中海料理といえばキリッと冷えたロゼワインですよね。

優しいピンクの果実味、爽やかな酸とミネラルのシャープなロゼ。
魚介のミネラルやハーブの爽やかさ、火を入れたトマトからの甘味、にんにく、オリーブの効いたアクアパッツァとの相性は抜群。
ワインは氷水で良く冷やしたキンキンの温度でどうぞ。
軽やかなこのロゼワインは砂浜に持って行くビーチワインにも最適です。

15分ほど蒸し焼きにするだけの簡単レシピですが、見た目が華やかなので、準備に時間がないときのパーティにおすすめです。
よく冷やしたロゼワインと、香ばしいバケットを一緒に用意するだけで、準備は完了。
天気の良い週末に楽しんでみてください!

使用したグラス:リーデル <ヴェリタス> リースリング/ジンファンデル(#6449/15)
使用したプレート:ナハトマン <アペリティーヴォ> ボウル 32cm(#93597)
使用したキャンドルホルダー:ナハトマン <スライス> キャンドルホルダー(#81395)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 白水 健
  • Ken Shiramizu

(社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー/リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター


学生時代にソノマのワイナリーでブドウの収穫を手伝う。ワインショップ勤務を経てリーデル・ジャパンに入社。日本人3人目の「リーデル社認定グラス・エデュケイター」。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス