ボジョレー・ヴィラージュやクリュ・ボジョレーをさらに美味しく楽しむグラス選び

ボジョレー・ヴィラージュやクリュ・ボジョレーをさらに美味しく楽しむグラス選び2014.11.19 UPDATE

ボジョレー・ヌーヴォーで有名な仏 ブルゴーニュ地方のボジョレー地区。
ここでは、新種である「ヌーヴォー」以外にもスティルワインを生産していますが、殆どが赤ワインです。栽培されているブドウの多くは「ガメイ」という品種で、世界で栽培されているガメイの実に70%が、このボジョレー地区で造られています。

ガメイの正式名称 “Gamay noir a jus blanc” 「皮は黒いがジュースは白い」という名の通り、このブドウから造られるワインは、軽やかなワインが多く、フレッシュなうちに飲むのが一般的です。

ボジョレー地区北部に指定された栽培地の村が10存在します。
これらの村から造られるボジョレー・ワインは、「クリュ・ボジョレー」と呼ばれそれぞれの村の土壌などの特徴から個性のあるワインが生み出されます。
今回開けたワインも、このクリュ・ボジョレーの一つ「Morgon」という村のワイン。
クリュ・ボジョレーの中でも、長期熟成するタイプで肉厚なワインで、軽やかなガメイとはイメージの異なる、しっかりしたワインです。

このクリュ・ボジョレーのモルゴンを、今回3つのグラスで飲み比べてみました。
フレッシュな新種、ボジョレー・ヌーヴォーにオススメしているリースリングタイプのグラス。赤ワインを幅広くカバーして楽しめるシラータイプのグラス。そして、ピノノ・ワールタイプのグラスの3種類。

個人的な見解になりますが、結果はピノ・ノワールタイプのグラスが、このワインにピントが合った印象です。

リースリングタイプのグラスでは、このワインの酸とタンニンが目立ってしまい痩せた未熟なワインのイメージに…このワインらしい味わいの膨らみをあまり楽しめませんでした。

次にシラータイプのグラス。先ほどのリースリングタイプのグラスよりも香りが広がり香りは十分楽しめます。ただ、味わいのはまだ少し痩せた印象、酸、果実、タンニンがバラついたように感じました。

ピノ・ノワールタイプのグラスで飲んだ時、「これだ!」とまず第一印象。
複雑な香りの広がりとエレガントさが鼻に伝わり、舌先にワインが触れた瞬間、前の二つのグラスでは感じにくかった果実をまず感じたのです。舌に入るワインの量が抑えられた形状の影響か、その後徐々に舌広がるミネラルと酸、少し間を置いて感じるタンニンと、このワインの味わいの一体感が楽しめました。

フレッシュなボジョレー・ヌーヴォーにはフレッシュ&フルーティーさを楽しめるリースリングタイプのグラスがおすすめです。
一方でボジョレー・ヴィラージュや、クリュ・ボジョレーなど、しっかりとしたボジョレーワインには、シラータイプやピノ・ノワールタイプのグラスがおすすめです。
今年はぜひ、ボジョレーの新しい魅力を発見してください!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 白水 健
  • Ken Shiramizu

(社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー/リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター


学生時代にソノマのワイナリーでブドウの収穫を手伝う。ワインショップ勤務を経てリーデル・ジャパンに入社。日本人3人目の「リーデル社認定グラス・エデュケイター」。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス