ミキサーにかけるだけ『苺のスープ』とボジョレーのマリアージュ

ミキサーにかけるだけ『苺のスープ』とボジョレーのマリアージュ2014.03.14 UPDATE

ミキサーにかけるだけ『苺のスープ』とボジョレーのマリアージュ
ボジョレーといえば、苺の香りがキュートなワイン。
苺との相性もバッチリです。

セラーにボジョレーが残っているのをみつけたので、
イチゴ狩りに家族と出かけ、苺の冷製スープを作ってみました!

苺の冷製スープ(4人分)

苺の冷製スープ(3〜4人分)

材料

いちご 2パック分
レモン 1/2個の果汁
白ワインビネガー 大さじ2
少々
オリーブオイル 少々
生ハム、バジル、レモンの皮 各適量
ポイント

食事として楽しむために、砂糖は使いません。
酸味のしっかりとした「とちおとめ」などがオススメです。

作り方

1)いちご、ビネガー、レモン果汁、塩をミキサーにかけて器に移し、
2)オリーブオイル、生ハム、バジル、レモンの皮をのせて出来上がり。(※お好みでバルサミコ酢)

オリーブオイル、生ハム、バジル、レモンの皮をのせて出来上がり。

気になる香りと味わいは?

気になる香りと味わいは?

まずはグラスの中の香りを、感じとってみてください。
苺の甘い香りに、バジルとレモンピールがアクセントとなり、
爽やかな春の息吹を感じます。

口に運ぶと、生ハムの塩気と苺の果実味が絶妙に重なり、ビネガーの酸味が、心地よく食欲を刺激してくれます。

ボジョレーと一緒に!

ボジョレーとの相性はバッチリです。

もちろん、ボジョレーとの相性はバッチリです。

準備のポイントは、13℃前後まで冷やすこと。
しっかりと冷やすことで、タンニン(渋み)が少ないボジョレーは、
フレッシュさとキレイな酸が際立ち、爽やかな味わいになりますよ。

ご自宅に眠っているボジョレー・ヌーヴォをひっぱりだして、
苺と一緒に春の楽しみ方をしてみませんか?

ご自宅に眠っているボジョレー・ヌーヴォをひっぱりだして、苺と一緒に春の楽しみ方をしてみませんか?
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 白水 健
  • Ken Shiramizu

(社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー/リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター


学生時代にソノマのワイナリーでブドウの収穫を手伝う。ワインショップ勤務を経てリーデル・ジャパンに入社。日本人3人目の「リーデル社認定グラス・エデュケイター」。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス