ワインの種類に合わせたチーズ選び

ワインの種類に合わせたチーズ選び2017.02.03 UPDATE

cheese

「ワインのお供」といえば、真っ先に思い浮かぶのはチーズ。何は無くともチーズさえあれば、ワインの楽しみはより一層深まります。

そもそも相性の良いワインとチーズですが、ベストなマリアージュを究めれば、至福の境地へといざなわれること間違い無し!

あなたのベストマリアージュをみつけるための、ちょっとした手がかりをご紹介します。

ワインとチーズは何故相性が良いの?

脂質や油分など、オイリーなニュアンスは、そもそもワインとは好相性。ジューシーな肉やオリーブオイルの風味の効いた料理があると、ワインと料理の相互作用によって、食事はさらに楽しくなります。

また、ワインの醸造の際、酵母による発酵が終わった後に、乳酸による発酵−−「マロラクティック発酵」がおこなわれることがあります。「マロラクティック発酵」は、ワインに含まれるリンゴ酸を乳酸に変化させることで、味わいをまろやかにする効果があります。つまり乳酸とワインは化学的にも相性がよく、チーズもまた乳酸系の発酵食品であるため、ワインと相性が抜群である、ということができるのです。

とはいえ、チーズとひと口に言っても、まさに多彩。それぞれチーズの特性を踏まえたうえで、ワインとマリアージュさせると、双方の世界観はさらに大きな広がりを見せます。

さまざまなスタイルのワインに、チーズを合わせてみよう!

白ワイン×チーズ whitewine

・香り高く果実味のある白ワインに合うチーズは?

リースリング、ゲヴュルツトラミネール、ヴィオニエ、マスカットなどの品種を用いた、酸が綺麗で、優しい果実味があり、穏やかな飲み心地の白ワインには、山羊乳を用いたシェーブルタイプチーズがよく合います。

チーズ本来の乳の香りが、ワインのアロマを引き立てるため、比較的若々しいフレッシュなチーズがおすすめです。

・軽やかで爽やかな白ワインに合うチーズは?

ソーヴィニョン・ブラン、ピノ・グリージョ、ミュスカデなどの品種を用いた、ジューシーな果実味をたたえたフレッシュな白ワインには、ゴーダやサムソーなどのセミハードタイプのチーズがマリアージュ。チーズの穏やかな熟成感が、爽やかな白ワインに優しく寄り添います。

・樽香の効いた白ワインに合うチーズは?

主にシャルドネを用いた、リッチな樽のフレーバーが効いたワインには、熟成感のある白カビ系チーズがおすすめ。深みとコク、そして熟成感の三重奏は、いやが上にも食卓を盛りあげます。

赤ワイン×チーズ redwine

・ライトな赤ワインに合うチーズは?

ガメイやマスカット・ベーリーAなどの品種を用いた、軽やかな味わいの赤ワインには、若めの白カビ系チーズがおすすめ。ライトな赤ワインは、温度を少し高めにすると、重めの料理にもマリアージュします。この法則を応用すると、熟成感のあるチーズにも寄り添います。

・ミディアムな赤ワインに合うチーズは?

ピノ・ノワール、メルロー、テンプラニーリョ、バルベーラ、サンジョヴェーゼなどの品種を用いた、バランスの良い赤ワインには、エポワスやポン・レヴェック、マンステールといった、旨味濃厚なウォッシュタイプのチーズがおすすめ。ワイン、チーズともに「深さ」が窺えるマリアージュです。

・フルボディの赤ワインに合うチーズは?

カベルネ・ソーヴィニョン、シラー(シラーズ)、ジンファンデル、ネッビオーロ、マルベックなどの品種を用いた、厚みのあるフルボディの赤ワインには、パルミジャーノ・レッジャーノやペコリノ・ロマーノ、コンテ、チェダー、ミモレットといった、ハードタイプのチーズがおすすめ。存在感のあるチーズは、口中でゆっくりととろけて旨味を放出。ワインとチーズ双方の、熟成感ある味わいが楽しめます。

その他のワイン×チーズ

・ロゼワインに合うチーズは?

赤白双方の良さを兼ね備えたロゼワインは、「万能」といっても過言ではないほど、料理との汎用性は抜群です。

チーズとのマリアージュも、タイプを選びませんが、フレーバータイプのチーズとの取り合わせは、楽しいおすすめ。サーモン、サラミ、ハーブなどの風味あるチーズは、料理がなくてもその場の雰囲気を盛り上げてくれるでしょう。

・スパークリングワインに合うチーズは?

シュワシュワと口あたり良いスパークリングワインは、相性を選ばずにチーズとマリアージュしますが、わけてもフレッシュタイプのチーズとの取り合わせは抜群。チーズの新鮮な風味が、爽やかな泡とよく合い、誰にも好まれるマリアージュになります。

・デザートワインに合うチーズは?

フランスのソーテルヌ、ドイツのシュペートレーゼ、アウスレーゼ、トロッケンベーレン・アウスレーゼ、イタリアのピコリットなど、ぶどうの糖分を凝縮させたデザートワインには、青カビタイプのブルーチーズや、熟成したウォッシュタイプのチーズがよく合います。チーズに蜂蜜などを添えると、さらにコク深く、「甘味」よりも「旨味」が際立ちます。

あなただけのベストマリアージュを!

marriage

以上はあくまでもマリアージュの目安です。

同じチーズでも、熟成の度合によって、味わいは大きく違うもの。そういう意味では、ワインとチーズの一期一会を楽しむところに、醍醐味があるのかもしれません。

ちょっと大きめのチーズを買ってみるのもおすすめです。冷蔵庫でチーズを寝かせ、熟成具合を楽しみながら、あなただけのベストマリアージュを究めてみてはいかがでしょう?

Author: 高山 宗東

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 髙山 宗東
  • muneharutakayama

ワインコラムニスト・歴史家・考証家・有職点前(中世風茶礼)家元


専門は近世史と有職故実。歴史的観点を踏まえてワインのコラムなどを執筆。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス