リーデル× 公界 × 妙高酒造(モンメル) 日本酒&グラス テイスティング・セミナー開催

ホーム > WHAT'S NEW > EVENT > リーデル× 公界 × 妙高酒造(モンメル) 日本酒&グラス テイスティング・セミナー開催

WHATS NEW

2016.05.19

リーデル× 公界 × 妙高酒造(モンメル) 日本酒&グラス テイスティング・セミナー開催

EVENTS

ワイングラスで楽しむことを前提とした日本酒の鑑評会があることをご存知ですか?
そしてなぜ、日本酒をワイングラスで楽しむことが、近年注目されているのでしょうか?

今年で第5回を迎えた「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」は、お酒の品質だけではなく、ワイングラスで日本酒を楽しむことが評価項目にも組み込まれ、実際にリーデルの大吟醸グラスで試飲を行う、大変ユニークな鑑評会です。

2016年の同アワードで、最高金賞を含むトリプル金賞を受賞した、新潟県上越市の酒蔵「妙高酒造」とリーデルが、日本酒版グラス・テイスティングを行います。

最高金賞を受賞した純米大吟醸をはじめ、大吟醸、本醸造のほか、「洋食に合う日本酒」をテーマとした「Montmeru(モンメル)シリーズ」からは、熟したメロンやマスカット、白桃を思わせるフルーティな香りが特徴の「フォレ・ドゥ・フリ」をご用意。

酒蔵の方々と非常に近い距離で、日本酒を利きながらお話を伺える機会はそう多くありません。
妙高酒造の代表的なラインナップを、複数の形状のグラスで飲み比べながら、作り手の方々から直接お話を伺えるチャンスです。
日本酒の奥深い世界、またその新しい楽しみ方を存分に堪能してください。

今回、日本酒の作り手である酒蔵とワイングラスメーカーという2つの世界を取り持っていただくのは、SAKEプランナーの木村光氏。
日本酒との器の重要性をいち早く認識し、酒蔵や酒販店や一般向けの日本酒×器セミナーなどを積極的に開催している氏には、わかりやすく、日本酒の世界を紐解いて頂きます。

今回お知らせする本イベントは、日本酒好きな方はもちろん、日本酒についてはあまりよく知らないけど、自国を代表するお酒として興味がある、単純に和食に合わせて日本酒を飲みたいけど、どんな銘柄をどの様に飲めばいいのかわからない、という方にも、ぜひご参加いただきたいイベントです。

日 程:2016年6月18日(土)
時 間:18:30〜20:00(受付開始:18:15〜)
会 場:リーデル青山本店
講 師:松田治久(妙高酒造株式会社 代表取締役)、木村光(公界)、庄司 大輔(チーフ・ワイングラス・エデュケイター)
人 数:20名様
参加費:¥8,640(税込)/お一人様
※参加費には、セミナーで使用する5種の日本酒代、お土産としてお持ち帰りいただく「<ヴィノム> 大吟醸グラス(ステムあり)」と「リーデル オリジナル・クロス」が含まれます。

<使用する日本酒>

純米大吟醸 越乃雪月花(大吟醸部門 最高金賞酒)
大吟醸 妙高山 三割五分(大吟醸部門 金賞酒)
本醸造 越乃雪月花(メイン部門 金賞)
Montmeru/Fores du Fruit
シャトー妙高 720ml

※試飲していただくお酒は、予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。

お申し込み/お問い合わせ


こちらのフォームからお申し込みください。
https://goo.gl/fX8DST

妙高酒造

妙高酒造
創業は文化12年(1815年)。越後富士とも言われる標高2,454mの秀峰「妙高山」系の伏流水を用い、『全技連酒造マイスター』『にいがたの名工』杜氏「平田正行」指揮のもと、普通酒、本醸造であっても、吟醸並みの麹づくりをするなど、丁寧な酒造りを行っている。

公界 ×SAKEプランナーの木村光氏
<日本酒を通して新しい価値観の創造><感性で味わう日本酒>をテーマに日本酒の楽しみ方・味わい方やSAKE Styleの企画提案、×SAKEをコンセプトにした飲食店のプロディース、日本酒イベントや酒蔵ツーリズムなどを企画運営など、日本酒にまつわることをトータルでプロディース&コーディネイト。日本酒啓蒙活動にも積極的に力を入れ、セミナーや学生日本酒協会を主宰するなど、幅広く活動。
また、南青山にて日本酒ビジネス・交流の拠点として、sake salon Ozを主宰。
日本酒と器の重要性をいち早く認識、さまざまな日本酒×器セミナーなどを積極的に開催。

講師
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
PAGE TOP