ワイングラスの名門ブランド - RIEDEL(リーデル)
TOP > ENJOY WINE > How to > 【リーデル わいん部_010】ウォータースポットを残さずに、デカンタをお手入れする方法

2019/09/06

How to

【リーデル わいん部_010】ウォータースポットを残さずに、デカンタをお手入れする方法

今回のテーマは、「デカンタ内部のウォータースポットを防ぐ」です。

ワイングラスはもちろん、デカンタも、水道水で洗っている限り、もしガラス表面の水滴を自然乾燥させてしまうと、必ずウォータースポットは発生します。

このウォータースポットは、水に含まれているミネラル分が結晶化したものですから、洗い流せるような汚れとは別物です。そのため、一度ウォータースポットが発生してしまうと、これを綺麗に取り除くのはなかなか難しい。

ですから、ウォータースポットは「対処療法」ではなく「予防」が大切なのです。

ワイングラスの場合には、ガラス表面の水滴を拭き取ってしまうのが最善の「予防」方法ですが、デカンタではそうもいきません。外側の水滴は拭き取ることができても、内側を拭くことが難しいからです。

デカンタ内側のウォータースポットを防ぐには

デカンタ内部の水滴を拭き上げることができないのですから、「水滴」からウォータースポットの原因となる「ミネラル分」を取り除いてしまうのです。

そう「精製水」をデカンタケアの仕上げに使うのです。

「精製水」を使用したデカンタケアの手順

(1)デカンタ内部の主だった汚れを落とします
(2)(1)では、水道水を使用して構いません
(3)デカンタ内部の汚れが落ちたら、最後に「精製水」でリンスします

この時、デカンタ内部で水道水に触れたところは満遍なく「精製水」でリンスしてください。

「精製水」は、ドラッグストアなどで気軽に入手できます。
デカンタを1つ保有しているだけで、ワインのアエレーション、澱引き、温度コントロール、ゲストをおもてなしする演出効果など、その活用効果は絶大です。

お気に入りのデカンタで、さらにみなさんのワインライフが豊かなものになりますように!

このブログで使用したのは、「<デカンタ> アヤム」(動画もあります)
写真の通り、サイズは大きすぎず、リーデルのデカンタ群の中では、特に背丈の面では中程度の部類に入ります。注ぐたびにワインの中を空気が通り抜け「ポコポコ」と音を奏でます。
ワインと空気を触れさせる効果ももちろんですが、ワインをグラスに注ぐこと自体が楽しくなる、そんなデカンタです。

  • 庄司 大輔Daisuke Shoji
  • (社)日本ソムリエ協会公認ソムリエ/リーデル社 ワイングラス・エデュケイター

1971年神奈川県生まれ。明治大学文学部文学科卒業、専攻は演劇学。 学習塾、レストラン勤務などを経て、1998年(社)日本ソムリエ協会公認ソムリエ呼称資格取得。1999年にボルドー地方サンテミリオンの「シャトー・トロットヴィエイユ」で学ぶ。2000年リーデル・ジャパン入社、日本人初の「リーデル社グラスエデュケイター」となる。リーデルグラスとワインの深いつながりやその機能を、グラス・テイスティングを通して広く伝えるため、文字通り東奔西走している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pinterest
TOPへ戻る