ワイングラスの名門ブランド - RIEDEL(リーデル)
TOP > ENJOY WINE > Wine > イタリアワインの帝王、ガヤGAJAへ

2019/03/13

Wine

イタリアワインの帝王、ガヤGAJAへ

イタリアを代表する銘醸地「バルバレスコ」。高い知名度からは想像できませんが、ピエモンテ州バルバレスコ村の人口はわずか700人。

そんな小さなバルバレスコ村の教会横に、GAJAは静かに佇んでいました。

5代に渡って受け継がれる家族経営ワイナリー

ガヤの歴史は、17世紀半ばにさかのぼります。初代のジョヴァンニ・ガヤ氏は、スペインのカタルーニャ地方からバルバレスコに移住してきました。2代目の時代に品質重視のワイン造りの基礎を造り上げます。3代目ジョヴァンニ氏の代に、バルバレスコが高い評価を受けたことによってイタリアワイン界のトップの一つとしての地位を確立します。

4代目の現当主アンジェロ・ガヤ氏は、イタリアワイン界に様々な革命を起こし世界的にもその名が知れ渡ります。

そしてこの日はガヤ家の5代目を担うジョヴァンニと次女のロザンナに案内していただきました。

 

View this post on Instagram

 

リーデルさん(@riedel_japan)がシェアした投稿

 

父アンジェロに負けないワインへの情熱

 

View this post on Instagram

 

リーデルさん(@riedel_japan)がシェアした投稿


ガヤファミリーのジョヴァンニ・ガヤ。意外にも醸造学を学んだ経歴はなく、大学では経済学を専攻していました。

とはいえ現在では、父アンジェロ氏に負けないワインへの強いパッションを感じます。

圧巻のリーデル ショールーム

 

View this post on Instagram

 

リーデルさん(@riedel_japan)がシェアした投稿

ガヤのワイナリーの一室が、リーデルのワイングラスとデカンタのショールームとなっていました。贅沢な空間と、そこに並ぶグラスとデカンタの数々は圧巻です。

残念ながらガヤGayaでは、ビジネスやメディア関連以外の一般訪問は通常受け付けていないようです。美術館のように美しいこのワイナリー、ぜひいつか誰もが訪問できるようになることを願ってやみません。

  • 白水 健Ken Shiramizu
  • (社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー/リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター

1980年東京都生まれ。学生時代にビストロでのアルバイトを通じてワインに魅了され、ソノマのワイナリーを巡りブドウの収穫を手伝うほどワインにのめり込む。大学卒業後、ワインショップに入社。店舗でリーデルグラスも販売していたことがきっかけでリーデル・グラス・テイスティング・セミナーを受け、開眼。グラス・エデュケイターを目指し、2003年にリーデル・ジャパンに転職。リーデル渋谷店店長を務めた後、2005年(社)日本ソムリエ協会ワインアドバイザー資格取得。リーデル・ジャパン本社へ異動と同時に日本人で第3番目の「リーデル社グラスエデュケイター」となる。これまで飲み溜めたワインの話と共に、ライブ感溢れる語り口で聞き手を魅了している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pinterest
TOPへ戻る