ワイングラスの名門ブランド - RIEDEL(リーデル)
TOP > ENJOY WINE > Product > ハンドメイドの『大吟醸』『純米』グラスが登場しました

2018/09/24

Product

ハンドメイドの『大吟醸』『純米』グラスが登場しました

銀座店で先行発売

日本酒に特化したグラス2種を、ハンドメイドで再現した<リーデル・スーパーレジェーロ シリーズ>『大吟醸』、『純米』が、リーデル銀座店にて先行発売が開始されました。

同じワインでも異なる形状のグラスで飲むと香りや味わいが変わるという事実に着目し、ブドウ品種ごとに理想的な形状のワイングラスを開発してきたリーデルですが、 2000年には大吟醸酒に注目し、その魅力を最大限に引き出す専用グラスを生み出しました。

それまで小さな盃で飲まれていた大吟醸酒は、ワイングラスのようにすぼまりのある卵形の器に入れることでよりフルーティな香りが際立ち、新たな楽しみ方として定着しました。

(『大吟醸』左/『純米』右)

さらに2018年には、約8年間の開発期間を経て『純米』グラスを完成させました。研ぎ澄まされた味わいが魅力の大吟醸酒とは対照的に、複雑で奥深い旨味が魅力の純米酒のためのグラスは、その香り、味わいを最大限に引き出すために大ぶりで横長、飲み口の口径が大きい形状となりました。

マシンメイドで発売された両グラスが、この度ハンドメイドで再現され、<リーデル・スーパーレジェーロ シリーズ>の新たなアイテムとして加わりました。大吟醸酒、純米酒の香り、旨味を最大限に引き出す形状でじっくり味わいたい方はもちろん、日本酒好きな方へのハイエンドなギフトとしてもおすすめです。

(台座にはRiedel Superleggeroの刻印)

こちらの商品は9月12日よりリーデル銀座店にて先行発売中です。11月14日より一般発売となります。ぜひこの機会に銀座店へもお越しください。

  • 竹中 信幸takenaka

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pinterest
TOPへ戻る