ワイングラスの名門ブランド - RIEDEL(リーデル)
TOP > ENJOY WINE > Event > 香港でも大好評の日本酒グラス・テイスティング

2018/10/02

Event

香港でも大好評の日本酒グラス・テイスティング

 

香港での日本酒とグラスへの高い関心

海外で初めて、リーデル日本酒グラス・テイスティングを開催しました。

開催地は、日本酒への関心が高い『香港』です。

香港の『リーデル・ルーム』で行われました。

香港のローカル・メディアの方々にご参加いただきました。

みなさんの熱気に、日本酒に非常に高い関心を持っておられることが伝わってきました。

 

1時間予定のセミナーが、多くの質問で2時間に

こちらは、香港ジョッキークラブでの日本酒グラス・テイスティングの様子です。

七賢(スパークリング)、真澄の夢殿(大吟醸)、天狗舞(純米)をリーデルのグラスでテイスティングしました。

当初は1時間の予定でしたが、2時間経ってもたくさんの質問が続きました。

香港で開催した日本酒グラスのテイスティングを通じ、香港、そして海外での『日本酒』への関心の高さを肌で感じることができました。リーデルのグラスを通じて、日本の酒文化を更に世界へ発信できたら本望です。

 

セミナーで使用した日本酒グラスはもちろん好評発売中です

リーデル<エクストリーム>純米

リーデル<ヴィノム>大吟醸

 

  • Wolfgang J. AngyalWolfgang J. Angyal
  • リーデル・ジャパン代表取締役社長/リーデル社認定シニア・ワイングラス・エデュケイター

1965年オーストリアのチロル地方、クフシュタイン生まれ。 ホテルのサービスマンをしていた1985年、大阪で開催された第28回「技能五輪国際大会(World Skills Competition)」のレストランサービス部門に、オーストリア代表として参加。金メダルを受賞する。その後1年間、「辻学園 日本調理師専門学校」等で教授を務めるうち、日本の風土に惚れ込み移住を決意。オーストリアと日本をつなぐアイテムとしてリーデルグラスを選び、1989年よりその有用性を広める活動に専念する。2000年「リーデル・ジャパン」(現RSN Japan株式会社)代表取締役社長に就任。グラスとワインの密接なる関係を、最初に日本人に認識させた人物として知られている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pinterest
TOPへ戻る