ワイングラスの名門ブランド - RIEDEL(リーデル)
TOP > ENJOY WINE > Column > 食後に粋な選択肢その2。 デザート代わりにブランデーはいかが?

2017/12/25

Column

食後に粋な選択肢その2。 デザート代わりにブランデーはいかが?

party

前回は甘口のデザートワインについて取り上げましたが、「脱サラソムリエが本音で語るレストラン利用術」の21回となる今回は、食後酒のうちアルコール度数の高いブランデーについて書いてみたいと思います。

食後のアルコール度数の高いブランデー類については、胃の粘膜を刺激し、消化を助ける効果があるとされております。ビストロアンバロンでは通常のグラスワインを120mlでお出ししておりますが、ブランデー類は40mlでご提供しております。アルコール度数が40%前後ですから、アルコール摂取量とのものは、グラスワイン1杯分となります。濃厚なアルコールをキュっと飲むことで、胃を刺激し活性化させるわけです。もっとも、酒呑みにとっては、旨い酒の一つにすぎないのですけど。

この食後のブランデーですが、コニャック、アルマニャック、カルヴァドス、マール、フィーヌ、オードヴィドフルイと様々な種類があります。

コニャックとアルマニャックは代表的なブランデーで、それぞれ、コニャック地方、アルマニャック地方で作られます。いったん白ワインを作り、それを蒸留して樽で熟成させるので、飴色をしたお酒となります。それ以外の地方で同様の手法で作られるのがフィーヌと呼ばれるブランデーです。それに対して、マール(イタリアではグラッパ)と呼ばれるお酒は、ワインの搾りかすをさらに絞った葡萄ジュースを蒸留して作ったブランデーで、土臭い風味が特徴です。イタリアのグラッパやフランスでもアルザス地方のゲビュルツトラミネールから作ったマールは樽で熟成させないので、透明ですが一般的なマールは樽で熟成させるので樽の風味も加わっています。

カルヴァドスはリンゴの醸造酒であるシードルを蒸留して作ったブランデーで、リンゴの風味が特徴的です。オードヴィドフルイはアルザス地方の特産ですが、様々な果物を醗酵させて作った酒を蒸留して作るブランデーです。アルコール度数が強いため、フルーティーな香りは控えめですが、きりっとした辛みの中にほのかに香るフルーツのニュアンスが素敵な食後酒です。

「脱サラソムリエが本音で語るレストラン利用術」の過去記事はこちら
第20回 食後に粋な選択肢その1。 デザート代わりに甘口デザートワインはいかが?
第19回 T.P.O.で使い分ければ上級者! レストラン、ビストロ、ブラッスリー、カフェはどう違う?
第18回 チーズに合わせるなら赤ワイン?白ワイン?
第17回 意外と知らない?フランス料理でチーズを食べるタイミング
第16回 着目すべきは料理の色。 「魚=白ワイン」「肉=赤ワイン」だけではないユニークなマリアージュ
第15回 できるお客様の第一歩!レストランでのスマートな支払い方法
第14回 ワインをオーダーする際に最初に考えるべき3つのポイント

ビストロ アンバロン(BISTRO EN BALLON)

〒106-0031
東京都港区西麻布1-9-7

TEL:03-6438-9699
http://bistroenballon.com/

  • psuser
  • psuser

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pinterest
TOPへ戻る