ワイングラスの名門ブランド - RIEDEL(リーデル)
TOP > TASTING > 講師紹介

講師紹介

シニア・ワイングラス・エデュケイター

  • ウォルフガング・アンギャル 
    1965年オーストリアのチロル地方、クフシュタイン生まれ。 ホテルのサービスマンをしていた1985年、大阪で開催された第28回「技能五輪国際大会(World Skills
    Competition)」のレストランサービス部門に、オーストリア代表として参加。金メダルを受賞する。その後1年間、「辻学園 日本調理師専門学校」等で教授を務めるうち、日本の風土に惚れ込み移住を決意。オーストリアと日本をつなぐアイテムとしてリーデルグラスを選び、1989年よりその有用性を広める活動に専念する。
    2000年「リーデル・ジャパン」(現RSN Japan株式会社)代表取締役社長に就任。グラスとワインの密接なる関係を、最初に日本人に認識させた人物として知られている。
    <ワイン王国> リーデル・グラス・エデュケイター列伝 ウォルフガング・アンギャル 編
  • 庄司大輔
    庄司 大輔 
    1971年神奈川県生まれ。明治大学文学部文学科卒業、専攻は演劇学。
    塾講師、レストラン勤務などを経て、1998年(社)日本ソムリエ協会公認ソムリエ呼称資格取得。1999年にボルドー地方サンテミリオンの「シャトー・トロットヴィエイユ」で学ぶ。2000年リーデル・ジャパン入社、日本人初の「リーデル社グラスエデュケイター」となる。演劇で磨いた肉体表現と、静かな語り口から垣間見える渋いユーモアに定評があり、ファン多数。
    リーデルグラスとワインの深いつながりやその機能を、グラス・テイスティングを通して広く伝えるため、文字通り東奔西走している。
    <ワイン王国> リーデル・グラス・エデュケイター列伝 庄司大輔 編

ワイングラス・エデュケイター

  • 吉井大介
    吉井 大介 
    1975年神奈川県藤沢生まれ。学生時代に酒販店でアルバイトをし、酒類全般の販売を経験。「ワインを一生の仕事にする」と心に決め、東京広尾の酒販店に就職。2000年に(社)日本ソムリエ協会ワインアドバイザー資格取得。2001年リーデル・ジャパン入社。日本初のリーデル直営店「リ ーデル青山本店」オープン当初からテイスティングスタッフとして勤務。2005年、日本人として2人目の「リーデル社グラスエデュケイター」となる。
    現在は、ワインスクールや出張セミナーの講師として全国を飛び回り、「YOSSY(ヨッシー)さん」の愛称で多くのセミナー参加者から親しまれている。
    <ワイン王国> リーデル・グラス・エデュケイター列伝 吉井大介 編
  • 白水健
    白水 健 
    1980年東京都生まれ。学生時代にビストロでのアルバイトを通じてワインに魅了され、ソノマのワイナリーを巡りブドウの収穫を手伝うほどワインにのめり込む。大学卒業後、ワインショップに入社。店舗でリーデルグラスも販売していたことがきっかけでリーデル・グラス・テイスティング・セミナーを受け、開眼。グラス・エデュケイターを目指し、2003年にリーデル・ジャパンに転職。リーデル渋谷店店長を務めた後、2005年(社)日本ソムリエ協会ワインアドバイザー資格取得。リーデル・ジャパン本社へ異動と同時に日本人で第3番目の「リーデル社グラスエデュケイター」となる。これまで飲み溜めたワインの話と共に、ライブ感溢れる語り口で聞き手を魅了している。
    <ワイン王国> リーデル・グラス・エデュケイター列伝 白水健 編
  • 森清紀
    森 清紀 
    1973年京都府生まれ。バーテンダーに憧れ大学卒業後に飲食業界に就職、念願のバーテンダーに。ワインニーズが高まった第4次ワインブームに後押しされ1999年(社)日本ソムリエ協会ソムリエ資格取得。以後イタリアンレストラン、カフェバー、ワインレストランなどでソムリエとして従事し、ワインのもつ素晴らしい魅力を伝える。
    グラスの持つ機能とシンプルなデザイン、「your tool to enjoy life」というコンセプトに共感し、リーデル・ジャパンに転職。レストランで培った経験と接客を元に、リーデル文化を広めていくために日々奮闘中。
  • 竹中信幸
    竹中 信幸 
    1986年京都市生まれ。大学で法律を専攻していた頃、指導教授に学び、ワインの世界に耽溺する。IT企業やバーテンダーなどを経て、リーデル・ジャパンに入社。
    2014年に日本ソムリエ協会ワインエキスパート資格を取得し、リーデルグラステイスティングに従事。北海道、東京、名古屋が、主な担当エリア。
    「ワイングラスは、ファッション、映画、音楽と同じく、人生の快楽のためにとても大事なものです。私たちのライフスタイルをより豊かにしてくれます。 ワインとグラスがもたらす喜びと感動を、リーデルグラステイスティングセミナーを通じて、ぜひ体感してください」

グラス・アドバイザー

  • 荒沢一也
    荒沢 一也 
    1981年東京都生まれ。学生時代にフレンチレストランでのアルバイトを経験し、ワインの奥深さに魅了される。ホテル、ワインバル、ダイニング業態を経て、2008年(社)日本ソムリエ協会ソムリエ資格取得。その後、ドイツワインやワインと料理のマリアージュにも魅力を感じ、ドイツワインケナー資格・調理師免許を取得。
    リーデルグラスの素晴らしさに感銘を受け、2012年リーデル・ジャパン入社。「ワインは、ビール・日本酒と同じく気軽に楽しめるお酒」がポリシー。
    素敵なワインライフを送れるようなセミナーを目指し、リーデル青山本店でテイスティング・スタッフとして勤務。
    リーデル青山本店ワインショップ・エノテカ 丸の内店
  • 菅沼聡史
    菅沼 聡史 
    1979年長野県松本市出身。プライベートで飲んだムルソーに衝撃を受けソムリエを志す。銀座のレストランで7年勤務し、2011年ソムリエ資格を取得。
    レストラン時代からリーデルのグラスは馴染みがあり、グラステイスティング・セミナーを受けたことで、改めてグラスの重要性と必要性を認識する。
    出身地である長野県のワイン販売に携わったこともあり、日本ワインへの興味も強い。
    「リーデルのグラスを1つ手に入れることで、ワインの楽しみが大きく広がります。ぜひ多くの方にリーデルのグラスティスティングを体験していただきたいです。」
    リーデル青山本店
  • 大久保真衣
    大久保 真衣 
    パティシエ修行で渡ったフランスでワインの虜となり、帰国後はソムリエに。パリや東京で、パティシエ、チーズプロフェッショナル、バリスタとしても研鑽した多彩な経験は、ワイン&フードの造詣に奥行を与えている。
    現在はリーデル銀座店で、ワインとグラスの魅力を優しい語り口で伝えている。
    リーデル銀座店
  • 中村櫻子
    中村 櫻子 
    学生時代を過ごしたサンフランシスコでカクテルに魅了され、バーテンダーを目差す。その後ブルゴーニュワインに深く感銘を受け、フレンチレストランで学び(社)日本ソムリエ協会ソムリエ資格を取得。
    ワイン生産者との出会いから、造り手の思いを伝えられるリーデルのグラス造りの理念に共感し、グラス・アドバイザーとなる。親しみやすい人柄と、わかりやすい用語を使ったセミナーが好評だ。
    リーデル伊勢丹新宿店
  • 蒲原由起
    蒲原 由起 
    初めて飲んだCh.ムートン・ロートシルトの美味しさに衝撃を受ける。これをきっかけに、ワインのもつ魅力に惹かれ、ワインに関わる仕事をスタート。
    銀座のワインバーでの勤務後、2000年にソムリエ資格を取得。その経験と知識を活かし、ワインバーの運営に携わり、2016年リーデル・ジャパンに入社。2017年SAKE DIPLOMA資格取得。
    「ワインを美味しく楽しむ為に、いかにグラスが大切であるか」
    多くの方に共感していただけることを喜びに、日々のセミナーを行っている。
  • 寺西真弓
    寺西 真弓 
    名古屋市生まれ。(社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。
    器に興味があり勤務したお店でリーデルと出会う。リーデルグラスティスティングセミナーを受け、感動と衝撃を受ける。ワインを楽しむ為に、こんなにもグラスの影響があるのなら、多くの人に体感していただきたいという想いでセミナーをしている。
    ワインを今以上に楽しんでいただき、人生を楽しんでいただきたい!
    リーデル名古屋店
TOPへ戻る