ワイングラスの名門ブランド - RIEDEL(リーデル)
TOP > NEWS > Event > 【リーデル銀座店】3月15日(金)日本酒『大七』特別セミナー

2019/02/12

Event

【リーデル銀座店】3月15日(金)日本酒『大七』特別セミナー

蔵元や日本酒専門家のべ200人が参加し、25回に及ぶワークショップ(テイスティング)を経て開発された、リーデル大吟醸グラス
2000年に発表された際、大吟醸酒の華やかでフルーティーな香りを引き出し、爽やかな甘みと酸味のバランスをもたらすグラスとして、日本酒の楽しみ方に大きなインパクトを与えました。

 

それから18年の歳月が経ち、昨年2018年4月に新しく、スタイル別の日本酒グラスとして加わったリーデル純米グラス

大吟醸とは全く異なるスタイルの酒である純米酒の、柔らかくクリーミーな質感と、ふくよかな米の旨みを表現するのに最適なグラスです。
リーデルと日本酒の作り手たちによる長年の研究により、日本酒のもつ幅広い味わいと香りのバリエーションが、存分に味わっていただけることとなりました。

この度、ふたつのグラス開発にご協力いただいた、福島県大七酒造より代表取締役 太田社長にご来店いただき、フランスのワイン雑誌「La Revue du Vin de France」にて「2019年に飲むべき世界最高のスピリッツ10選」にて紹介された『宝暦大七』も、リーデル史上最も薄く軽い<スーパーレジェーロ>の最高の口当たりでお試しいただけます。

大七酒造の日本酒を『大吟醸』グラス、『純米』グラスで利く・識る リーデル銀座店特別セミナー。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

概要

日 時:3月15日(金)
時 間:19:00〜20:30(開始時間の10分前から受付いたします。)
場 所:リーデル銀座店
人 数:18名様
参加費:下記のお持ち帰りグラス 各コースのいずれかをお選びください。
講 師:太田 英晴 氏(大七酒造 代表取締役社長)
庄司 大輔(シニア・グラス・エデュケイター/JSA認定ソムリエ)


太田英晴 氏/大七酒造

お持ち帰りグラス

【A】ハンドメイド1脚お持ち帰りコース ¥12,960(税込)
セミナーで使用したハンドメイド『純米』グラス 1脚お持ち帰り
【B】マシンメイド1脚お持ち帰りコース ¥5,400(税込)
セミナーで使用したマシンメイド『純米』グラス 1脚お持ち帰り

使用する日本酒

・「純米生もと」
・「楽天命」
・「宝暦大七」

お問い合わせ

リーデル銀座店
電話:03-6264-6128

講師紹介

  • 庄司 大輔Daisuke Shoji
  • (社)日本ソムリエ協会公認ソムリエ/リーデル社 ワイングラス・エデュケイター

1971年神奈川県生まれ。明治大学文学部文学科卒業、専攻は演劇学。 学習塾、レストラン勤務などを経て、1998年(社)日本ソムリエ協会公認ソムリエ呼称資格取得。1999年にボルドー地方サンテミリオンの「シャトー・トロットヴィエイユ」で学ぶ。2000年リーデル・ジャパン入社、日本人初の「リーデル社グラスエデュケイター」となる。リーデルグラスとワインの深いつながりやその機能を、グラス・テイスティングを通して広く伝えるため、文字通り東奔西走している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pinterest
TOPへ戻る