地震と津波の被害を受けた皆様に、心からお見舞いを申し上げます。

地震と津波の被害を受けた皆様に、心からお見舞いを申し上げます。2011.03.14 UPDATE

3月11日14時46分、オフィスで横揺れを感じた。

すぐ収まるかと思うと、揺れはどんどん大きくなって、怖くなり外へ。

幸いオフィスは2階なので、すぐに大通りまで出た。

30階以上あるビルなので上層階の方達はかなり不安だったのでは。

そこから見た光景は、40階以上あるビルがメトロノームのようにはっきりと大きく揺れ、大勢の人が通りや車道まで飛び出し、呆然と不安げに揺れるビルを見上げながら波打つ地面にやっと立っていた。東京震度5強。今まで経験したことの無い揺れだった。

オフィスにはテレビが無く、インターネットで東北が震源だということ、最大震度7ということを知った。

震源からこれだけ離れたところで、これだけの揺れということは・・

幸い家族に連絡が取れ無事が確認できた。その後は、携帯も固定も電話がどこにも全く通じない。

交通機関も全滅。自分と方面が同じ同僚数名と徒歩で帰宅を試みたが、オフィスで宿泊せざるえない人達も。

何十キロも続く車の渋滞を横目に、ヘルメットや防災リュックを背負った多くの人達と自分も帰宅難民となって歩き始めた。
緊急車両も通れないほど、道という道を埋め尽くした車、その間をたくさんのバイクや自転車がスリ抜け、主要な駅では何百メートルもタクシーやバスを待つ人の行列という異常な光景が永遠と広がった。自宅までは4時間以上かかった。

帰宅しテレビを付けると目に飛び込んできたのが、東北地方の地震と津波の映像。
現実に起きたとは思えない目を疑うとてもショックな映像でした。

これを受け、本日から来日予定だったリーデル第10代目当主ゲオルグ・リーデルも急遽来日を中止致しました。

深い悲しみとともに、これ以上被害が広がらず一人でも多くの方が一刻も早く救出されるように、また被災者の方々とそのご家族のことを思い、祈っております。

最後に、フランス ボルドー地方マルゴー村にあります『シャトー ローザン・セグラ』より、今回の地震と津波の被害についてお見舞いのメールをいただきましたのでご紹介します。

Sent: Monday, March 14, 2011 10:39 PM
To: shiramizu
Subject: our thoughts are with you

On behalf of John Kolasa, Château Rauzan-Segla and Château Canon’s teams, we all here extend our heartfelt sympathy to you and your family. We do hope that you and your beloved are safe we just want to let you know that our thoughts are with you and everyone around you who has been affected by this dreadful disaster.

We send out a special prayer to you and family for its tireless effort in dealing with this unforeseen situation.

We, unfortunatly, are completely powerless but we wish you much strength for the days to come.

Warmest regards,

www.chateaurauzansegla.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 白水 健
  • Ken Shiramizu

(社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー/リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター


学生時代にソノマのワイナリーでブドウの収穫を手伝う。ワインショップ勤務を経てリーデル・ジャパンに入社。日本人3人目の「リーデル社認定グラス・エデュケイター」。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス