グラスの台座に刻印されたロゴマークの「秘密」

グラスの台座に刻印されたロゴマークの「秘密」2011.06.04 UPDATE

みなさま、こんにちは!

今回のブログは、6月4日発売の「ワイン王国」にも掲載をされています、

「グラスの台座に刻印されたロゴマークに、制作年代特定のポイントが隠されている!」
について、ご説明をさせていただきます!

マイセン磁気など美術的価値のある工芸品の多くは、ロゴマークのちょっとした違いに

よって、作られた年代が判明します。

台座に刻まれた現在の「リーデル」ロゴは、筆記体(写真①)がハンドメイド製品にのみ刻印されています。

ということは、この刻印がされたグラスは、「価値のある値段の高いグラス」となるわけです。

頂き物のグラスや、レストランでコソっと覗いてみましょう。

このロゴがあったらラッキーです・・・!

①筆記体

また、ブロック体(写真②)がマシンメイド製品を指し、ロゴの書体で製法が区別できるようになっています。
我が家では、主にこのロゴのグラスが主流です・・・。

②ブロック体

ご記憶の方もあると思いますが、ハンドメイド製品は1996年まで、マシンメイド製品は2005年まで、当主のイニシャルをデザイン化したスタンプ体(写真③)のロゴが用いられています。

もし、今もこのイニシャルスタンプが刻印されたグラスをお使いくださっているとしたら、長くリーデルをご愛用いただいている証。まぎれもなく、長期ユーザー様です!

③スタンプ体

これらイニシャルスタンプは、よく見ると年ごとに、少しずつデザインが変えてあります。

この違いにより、作られた年代が判明します。

また、現在の文字ロゴのリーデルグラスにも、年代特定のポイントがあります。

グラスの底を見てください。ステムと台座の接合部の裏側に、マシンメイド製品には、「06」

などという具合に、このグラスは「2006年製」という年代特定の鍵が潜んでいます!

その他、マシンメイド製品でイニシャルスタンプから現在の文字ロゴへと移る過度時期には、

双方が並立されているグラスが作られたこともありました。(写真④)

生産時期がかなり限定されているので、かなりのレア物です!

最近、めっきり目にすることもなくなりましたね・・・。

④並立ロゴ

お客様のグラスはいつ頃生産されたグラスでしょうか・・・?

ぜひ、ご自宅のグラスの台座に注目してみてください!

愛用のグラスが何年生まれか分かりますよ!

詳しくは、6月4日発売の「ワイン王国」をご覧ください!!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 吉井 大介
  • Daisuke Yoshii

(社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザ ー/リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター


リーデル直営店「リーデル・ワイン・ブティック青山本店」店長として長年勤務。日本人2人目の「リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター」。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス