白ワインと相性抜群!そら豆スープのカプチーノ仕立て

白ワインと相性抜群!そら豆スープのカプチーノ仕立て2014.05.09 UPDATE

白ワインと相性抜群!そら豆スープのカプチーノ仕立て

そら豆はサクラの咲いた2ヶ月後が旬とされているのはご存知ですか。まさにこれからが美味しい季節。
さっと茹でるだけでも美味しいですが、一手間かけると華やかでワインにピッタリなメニューに変身します。
今年はそら豆に白ワインを合わせてみませんか?

そら豆のスープ カプチーノ仕立て

材料

少々
そら豆さやつき300g程
玉ねぎM1/2個
セロリ半分
牛乳100cc
生クリーム100cc
200cc
バター15g
少々
固形ブイヨン半分
カプチーノ用牛乳少々
飾り用ディル

レシピ

①さやから出したそら豆を塩茹でし、皮をむく。
②薄切りした玉ねぎ、セロリをバターで炒め、水とブイヨンを入れ柔らかくなるまで煮る。
③ミキサーに②とそら豆を入れ撹拌する。牛乳を少し加えると回りやすくなります。
④鍋に③と牛乳、生クリームを入れ、塩で味を整える。
⑤牛乳をミルクホイッパーで泡状にしてスープに載せ、ディルを飾って完成です。

「パルミジャーノのスティックパイ」(冷凍パイシートにパルメザンチーズをかけて焼くだけ) と香ばしく焼き目をつけた焼きそら豆に、薫製塩を合わせたワインプレートです。 個人的には、茹でたそら豆より焼いたそら豆が好き! 「甲州」シュール・リーを合わせました。

キリッと冷やした甲州の爽快感、決して強くない軽やかな酸とほのかな果実の甘みで、ソラマメの風味を引き立ててくれます。 ワインから感じる、グリーンでフレッシュな香りがソラマメやハーブと見事に重なります。 暖かくなってきた、この季節に心地良いワインです。

もう一品、ワインに合わせて美味しいリゾットを作ってみました。

そら豆とタイムのリゾット パルミジャーノのガレットを添えて

材料

そら豆300g程
タイム適量
玉ねぎM1/2個
ニンニク1/2かけ
1合
ブイヨン1リットル程用意
パルメザンチーズ適量
少々
EVオリーブオイル少々

レシピ

①そら豆は塩茹でし、皮をむき、飾り用に少し残し、残りはブイヨン200ccと共にミキサーにかける。
②パルメザンチーズをフライパン一面に削って弱火にかけ、溶けてきたら火を止める。少し冷まして固くなったら、キッチンペーパーに乗せ冷めたら切り分ける。
③みじん切りにしたニンニクをオリーブオイルで香りをだし、みじん切りの玉ねぎを炒めたら、米を入れ焦がさないように炒める。
④ブイヨンを少しずつ足していき、①と茎からはずしたタイムの葉をいれ、好みの硬さで火を止め、塩で味を整える。
⑤EVオリーブオイルを少しかけ、パルメザンチーズとタイムを飾って完成。

タイムが入る事で香り豊かになり、ワインとのマッチングもアップします。
そら豆が美味しくなるこの季節。相性抜群の、白ワインと一緒に楽しみましょう!

今回使用した<リーデル・オー シリーズ> ビッグ・オー シラー(そら豆のスープに使用したグラス)は、5月28日(水)に発売予定です。
ナハトマンの、<アペリティーヴォ> シリーズ(リゾットに使用したボウル)は、6月18日(水)に発売予定です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 白水 健
  • Ken Shiramizu

(社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー/リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター


学生時代にソノマのワイナリーでブドウの収穫を手伝う。ワインショップ勤務を経てリーデル・ジャパンに入社。日本人3人目の「リーデル社認定グラス・エデュケイター」。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス