とっておきのクリスマスレシピ「ビーツのリゾット」シャンパンの香りを添えて

とっておきのクリスマスレシピ「ビーツのリゾット」シャンパンの香りを添えて2013.12.16 UPDATE


今年もクリスマスまであとわずか・・

クリスマスのメニューはきまりましたか?

今回は、真っ赤なカラーがクリスマスにピッタリの「ビーツのリゾット」をご紹介します。友人に作ってもらい美味しかったレシピを、ロゼシャンパンを使ってアレンジしました。

 

 

 

ビーツは、見た目はカブと似ていますが、砂糖の原料としてつかわれる「てんさい」の仲間。鉄分を含む栄養価が高く、野菜の中では最も甘い部類に入り、食べるとほんのり甘いのが特徴です。

ロシア料理のボルシチに入っていることで有名ですが、まさに暑さに弱く、冷涼地で栽培されています。ピノ・ノワールのような野菜ですね。

 

 

お皿はナハトマンのグラマー

http://shop.riedel.co.jp/nachtmann/glamour/90058.html

 

 

<レシピ>2人分 所要時間60分程度

 

ビーツ(小)2個
米 1合
タマネギ 1個
白インゲン豆 100g
ソーセージ 4-5本
モッツアレラチーズ 小1個
ブイヨン   1L程度(固形コンソメを使用)
バター 20g
パルミジャーノ 適量
塩 適量

オリーブオイル 適量

※今回は香り付けにシャンパンを100cc使いました。赤ワインでも美味しくできますよ。

 

 

 

 

 

色素が強いので、白い洋服などにつくと大変です。取り扱いには注意してくださいね。ビーツは固く煮込むのに時間がかかるので、圧力鍋があると便利です。

 

 

 

①ビーツは皮をむかずに表面が柔らかくなる位に茹でる。(20〜30分程度)
②みじん切りにした玉ねぎ、ニンニクをオリーブオイルで炒め、ソーセージを入れ、さらに炒める。
③米を入れ、透明になるまで炒める。
④シャンパンを加え、水分がなくなってきたらブイヨンをひたひたになる位に入れ、食べやすい大きさに切ったビーツ、白インゲン豆を加える。
⑤お米がちょうど良い硬さになるまで火にかけ、水分が減ってきたらブロード(ブイヨン)を足す。
⑥最後にバターと塩で味を調節。
⑦お皿に盛り付けたら、ちぎったモッツァレラ、イタリアンパセリ、パルミジャーノを乗せ完成。

 

 

 

冷涼な地で育ったビーツとピノ・ノワール。

そんなピノ・ノワールが入った肉付きの良いロゼシャンパーニュとの相性は、少しバターを使う事でビーツのほのかな甘味にコクが加わり、ビーツのミネラルがシャンパンと共鳴する、とっておきのコンビネーションです。

 

 

みなさま良いクリスマスを。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 白水 健
  • Ken Shiramizu

(社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー/リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター


学生時代にソノマのワイナリーでブドウの収穫を手伝う。ワインショップ勤務を経てリーデル・ジャパンに入社。日本人3人目の「リーデル社認定グラス・エデュケイター」。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス