エーデルワイン編 ワイナート連載企画「日本ワインでグラスマッチング」連載後記

エーデルワイン編 ワイナート連載企画「日本ワインでグラスマッチング」連載後記2013.06.05 UPDATE

第2回目となる「日本ワインでグラスマッチング」。

ワイナート71号(6月5日書店販売開始)の139ページで掲載中です。

 

今回は、花巻市のエーデルワインさんへ伺ってきました。

ターゲットは「過去最高の凝縮度」となった「ハヤチネゼーレ ツヴァイゲルトレーベ 2009」。

リーデルの本社があるオーストリアでも主要な黒葡萄「ツヴァイゲルト」が、大迫の土地でどのような個性を発揮しているのか。

そして、どのようなグラス形状でその真価を発揮しているのか。

ワークショップを通して、お話を伺ってきました。

 

 

 

 

 

新花巻駅には、学生時代に宮沢賢治の足跡を訪ねたときに初めて訪れ、イギリス海岸などを見て回った思い出があります。その後、グラス・エデュケイターとしては、釜石にある「葡萄小屋の青年達」という、なんとも素敵なネーミングのビストロでのセミナーに呼んで頂いたときに再訪して以来です。

 

 

 

 

 

約3時間、新幹線に揺られて新花巻に到着。

こ腹もへっていたので、駅の立ち食いそばで遅い朝食をいただきます。

わざわざ温めてくれた味噌おにぎり、これがすごく美味しかった。

 

 

 

 

 

駅まで、エーデルワイン製造部部長代理の行川さんが迎えにきてくれました。

もともとブルーベリーの栽培を研究していらしたそうで、ワーナリーまでの道中、いろいろとお話しを伺いました。やっぱり3種類程植えた方が実がなりやすいそうです、ブルーベリー。

 

 

 

 

山道を抜けて、エーデルワインに到着。

高畑常務と合流し、ワイナリーのさらに上に位置する「葡萄が丘農業研究所」へ。

 

その途中、樹齢64年のキャンベルアーリーの樹が。

幹が太く、枝が長く伸びています。

さすが64年の樹齢、庄司よりも22年の年上。

最敬礼で挨拶をさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

研究所の門をくぐると、葡萄畑が広がります。

種類豊富なブドウ品種が栽培され、そのデータがワイン造りに活かされています。

 

畑に到着したときには、ちょうど霧雨のような細かい雨が降っていて、湿り気のあるひんやりとした空気がここちよく、岩手に来たことを改めて感じさせてくれました。曇り空とも相まって、企画の下準備で試飲していたエーデルさんのいくつかのワインに共通する印象を、まさに肌で感じたような感覚をもちました。

しっとりと落ち着いていて、でも「シーン」と静まった緊張感のある気配。

そして全体の印象をおおきく決定づけているキレのある酸味。

 

これもまた、テロワールなのでしょう。

 

ツヴァイゲルトレーベの樹も。

 

 

 

そしてワイナリーに戻り、エーデルワイン、リーデルジャパンそれぞれで行ったテイスティングの結果をもとに、意見交換が始まります。結果として、前回の「岩の原葡萄園 マスカット・ベーリー・A編」でも選ばれた「シラー系」のグラスが選考されたのは興味深い点でした。

 

 

 

この模様は、次回のブログで詳しくご紹介します。

乞うご期待!

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 庄司 大輔
  • Daisuke Shoji

(社)日本ソムリエ協会公認ソムリエ/リーデル社 ワイングラス・エデュケイター


99年にボルドー地方サンテミリオンの「シャトー・トロットヴィエイユ」で学ぶ。日本人初の「リーデル社 ワイングラス・エデュケイター」 。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス