ホタテとレモンクリームのタリアテッレ

ホタテとレモンクリームのタリアテッレ2014.09.19 UPDATE

国産レモンがたくさん手に入ったので、レモンの皮をふんだんに使ったパスタを作り、ワインとマリアージュさせてみました。
ちなみに、輸入レモンは、店頭に並んだ時に最高の色合いとなるように、まだ青いうちに収穫されたものが多いのですが、国産レモンは基本的に、充分完熟したものを収穫します。輸入レモンに比べると、国産レモンの方が、平均1~2度糖度が高いといわれています。
防腐剤などを使っていないので、皮の香りが素晴らしく、皮を食べても安心です。

平打パスタというと、「タリアテッレ」と「フェットチーネ」の名称をよく耳にします。 どちらも見た目はそっくりですが、土地によって呼び名が違うようです。

「タリアテッレ」は、北イタリアに位置するボローニャ(エミリアロマーニャ州)地方の平打ちパスタ。
一方、「フェットチーネ」は、南イタリア地域でよく食べられる平打ちパスタです。今回はタリアテッレを使って調理しました。

ホタテとレモンクリームのタリアテッレ

レモン(防カビ剤不使用) 2個
生クリーム 200cc
バター 60g
平打ち麺(タリアテッレ) 320g
ホタテ貝柱(刺身用) 6個
パルメザンチーズ 200g
バジル 少々
少々
黒胡椒(あらびき) 少々

ホタテとレモンクリームのタリアテッレレシピ

① レモン2個分の果汁を絞り、皮をすりおろします。
② バターと生クリームをフライパンに入れ、火にかけます。フツフツと煮立ってきたら、弱火にし、レモン果汁&すりおろしたレモンの皮を入れます(レモンの皮は仕上げ用に少し残しておきましょう)
③ パスタが茹であがったら、湯切りし、一口大に切った帆立&パルメザンチーズを入れ、手早く②のソースと混ぜ合わせます。
最後に味をみて、塩気が足りなかったら、塩で調整してください。

④ 皿に盛り付け、パルメザンチーズ、レモンの皮、あらびき黒胡椒、バジルを飾れば完成です。

バターや生クリーム、チーズを使うので、濃厚な味わいを想像するかもしれませんが、レモン果汁やレモンピールをたっぷり使っているため、濃厚な味わいのなかにも爽やかさが感じられるパスタです。
ワインは、ほどよい果実感と綺麗な酸が特徴的なカリフォルニアのピノノワールを合わせてみました。レモンの爽やかな酸味とピノノワールの綺麗な酸、レモンピールの苦みと赤ワインのタンニンが、それぞれ口の中で調和し、エレガントな大人のマリアージュになります。

使用したグラス:リーデル <リーデル・オー> ビッグ・オー ピノ・ノワール(#414/67)
使用したプレート:ナハトマン <オーシャン> プレート 32cm(#83724)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 白水 健
  • Ken Shiramizu

(社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー/リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター


学生時代にソノマのワイナリーでブドウの収穫を手伝う。ワインショップ勤務を経てリーデル・ジャパンに入社。日本人3人目の「リーデル社認定グラス・エデュケイター」。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス