新年のパイ菓子『ガレット・デ・ロワ』とシャンパンで美味しく運試し!

新年のパイ菓子『ガレット・デ・ロワ』とシャンパンで美味しく運試し!2014.01.06 UPDATE

 

フランスの新年のお菓子「ガレット・デ・ロワ」

フランスでは、新年にガレット・デ・ロワというパイ菓子が、いっせいにお菓子屋さんやパン屋さんに並びます。

キリスト教の祭日である公現祭(1月6日)に、シャンパーニュやスパークリングワインと共にフランスで食べられる伝統的なお菓子です。

「ロワ」とはフランス語で「王たち」を意味し、キリストの誕生を祝って東方よりやって来た3人の賢者(王様)を表しています。

 

 

当たれば一日王様!

ガレット・デ・ロワは、パイ生地にアーモンドクリームが入ったもので、フェーブと呼ばれる小さな人形が1つ中に隠されています。

このパイを大勢で切り分けて食べ、フェーブが入っていた人が金銀の王冠を授かり、その日1日王様として祝福されます。また、その幸運は1年継続するとも言われる楽しいお菓子です。

フェーブとはソラマメを意味し、もともとは本物のソラマメを使っていたようですが、現在は陶器の人形やアーモンドなどを入れているようです。

 

 

市販のパイ生地を使えば簡単!

日本でも、ケーキ屋さんやパン屋さんなどで扱うところも増えてきましたが、今回は手作りで作ってみました。市販のパイ生地を使うと、簡単につくることができますよ。

シャンパンも用意して、美味しく楽しい時間をお過ごしください!

 

 

材料とレシピ

◆ガレット・デ・ロワ(15cm)

<アーモンド・クリーム>

全卵1個

バター(食塩不使用)40g

粉糖 40g

アーモンドプードル 60g

 

<ガレット・デ・ロワ組み立て>

卵黄少々(パイ生地ツヤ出し用)

冷凍パイシート2枚

粉糖少々(仕上げ用)

アーモンド1粒(またはフェーブ)

 

①室温に戻したバターをクリーム状にし、粉糖を数回に分けて混ぜ、といた全卵を入れる。そこにアーモンドプードルを入れ、生地をまとめてラップで包み、冷蔵庫で30分程寝かせる。

②解凍したパイシートを伸ばして、パイ皿(15cm)に1枚敷く。

パイ皿の底の円周に卵黄を塗り、塗った内側に絞り袋でアーモンドクリームを真ん中から円を書くように絞っていく。※この時、アーモンド1粒もしくはフェーブを入れる。

③もう一枚のパイシートをパイ型に伸ばし、塗った卵黄の上に重なるように被せ、フタをする。フタに好きな模様をナイフで付ける。

④オーブン200℃で40分焼き、一度取り出して粉糖をフタの表面にふり、再度200℃で8分程焼いて完成!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 白水 健
  • Ken Shiramizu

(社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー/リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター


学生時代にソノマのワイナリーでブドウの収穫を手伝う。ワインショップ勤務を経てリーデル・ジャパンに入社。日本人3人目の「リーデル社認定グラス・エデュケイター」。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス