辛口リースリングに!ホワイトアスパラガスのベーコン巻き

辛口リースリングに!ホワイトアスパラガスのベーコン巻き2015.05.29 UPDATE

リースリングといえば?

白ワイン、リースリングと聞いたらドイツの甘口を想像しますか?
それともフランス、アルザス地方のドライなリースリングを想像しますか?
リースリングというと今では、オーストラリアやカリフォルニアなど様々な地域で、辛口から甘口まで幅広く造られていてキャラクターも様々です。

辛口のリースリングを合わせるなら、こんなレシピで

今回は、世界トップクラスのリースリングを生む、フランス アルザス産のドライなリースリングにホワイトアスパラを合わせてみました。
素材本来の味わいを楽しむ為に、ホワイトアスパラの食べ方はシンプルに。

ワイン単体でも十分美味しいリースリングも、食事と楽しむことでさらにその香りや味わいも引き立ちます。
ただ、高い酸度と繊細な味わいのリースリングは、料理方法を選びます。
今回のレシピは、もちろん簡単につくれて、リースリングとの相性もバッチリです!

材料

ホワイトアスパラガス 6本
ベーコン 6枚
ベビーリーフ 少々
パルミジャーノレッジャーノ 適量
ブラックペッパー 少々
レモン汁 半個分
少々
サラダ油 少々
ポーチドエッグ 2個

<作り方>

①ホワイトアスパラガスは下2センチ程切り、穂先は残してピーラーで皮を厚めに剥く。
②沸騰した湯に①で切り落とした根元と皮、塩少々とレモン汁を入れアスパラガスを茹でていく。
太い部分に竹串が通る位が目安。風味が抜けないようにザルにとり、自然に冷ます。
③この間にポーチドエッグを作ります。水1ℓをフライパンで沸騰させ、酢を大4入れたところに小鉢に割った卵を優しく入れ、黄身を包み込むように白身で覆って行く。
周りが透明から白色になったら取り出す。

④ベーコンをアスパラに巻きつけて、サラダ油をひいたフライパンでこんがりと焼いていきます。
⑤ベビーリーフの上に焼いたアスパラベーコン、ポーチドエッグを乗せて、たっぷりのパルミジャーノレッジャーノとブラックペッパーをかけたら出来上がりです。

アスパラベーコンと辛口リースリングは好相性

みずみずしいホワイトアスパラにベーコンの香ばしさと半熟卵のコク・・
アスパラベーコンはリンゴや蜜の香りをまとった辛口リースリングの相性は抜群。
もちろん、グリーンアスパラで作ったアスパラベーコンでも好相性です。

日本のアスパラの旬は4月から6月と言われています。
少し冷やし目のリースリングと合わせてみませんか。

使用したグラス:リーデル <ヴェリタス> リースリング/ジンファンデル(#6449/15)
使用したプレート:ナハトマン <スフィア> スクエア プレート 28cm(2015年9月発売予定)
使用したキャンドルホルダー:ナハトマン <スフィア> キャンドルホルダー(2015年9月発売予定)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 白水 健
  • Ken Shiramizu

(社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー/リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター


学生時代にソノマのワイナリーでブドウの収穫を手伝う。ワインショップ勤務を経てリーデル・ジャパンに入社。日本人3人目の「リーデル社認定グラス・エデュケイター」。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス