ワインやシャンパンと相性抜群!ワインビネガーと赤米で“手まり寿司”

ワインやシャンパンと相性抜群!ワインビネガーと赤米で“手まり寿司”2015.04.24 UPDATE

ワインやシャンパンを寿司に合わせるポイントは、糖分の少ない「赤米」と、寿司酢として「ワインビネガー」を使うこと。
ワインの酸とワインビネガーのマッチングはよりシンクロ率が上がります。
ワインに合わせるためメインの具材選びも重要ですが、最後に添えるトッピングも、見た目と味わいの大事なアクセントになりますよ。

ワインに合う、洋風手まり寿司のレシピ(約18個分)

白米 3合
赤米 大さじ5
白ワインヴィネガー 大さじ4
砂糖 大さじ2
小さじ1
昆布 5cm×5cm

おすすめの具材&トッピング

①サーモンいくら&ディル
②海老(ボイル)とソラマメ
③帆立(生)とレモンピール&岩塩
④ローストビーフ&ガーリックチップ
⑤鴨のスモーク&芽ねぎ
⑥蒸し鶏とバジルペースト&ローズマリー
⑦アボガド&アメーラトマト
⑧焼き筍とアンチョビ&クレソン
⑨ズッキーニのマリネとパルミジャーノチーズ&オリーブ

<ワインに合う、洋風手まり寿司の作り方>

①米をといでざるに上げ、30分置く。

②炊飯器に米を入れ、赤米と表面を拭き取った昆布を入れ水を入れ炊く。

③炊きあがったら昆布を取り除き、飯台にご飯を移し合わせ酢(ワインヴィネガー、砂糖、塩)と混ぜる。

④③を18等分して、ラップに一つずつ鞠状にしておく。

⑤ラップを敷き、各具材を乗せその上に④を一つ乗せラップで包む。

合わせたワインは、シャンパーニュの大手メゾンであるロデレールのスタンダードキュヴェ。
酸が穏やかなロデレールは、特に帆立とレモンピールの寿司とは抜群の相性でした。
ローストビーフや鴨とも相性がよく、ワインヴィネガーを効かせた赤米ベースのお寿司はどれもロデレールと好相性でした。

白ワインでしたらソーヴィニヨン・ブランやリースリング。赤ワインなら酸が骨格のピノノワール。
良く冷えた軽やかなロゼも良いかもしれません。

見た目の楽しい手まり寿司は、パーティーにピッタリのおもてなしメニュー。
アイディア次第でレシピは無限大。ワインに合わせて、様々な具材をトライしてみましょう!

使用したグラス:リーデル <ヴェリタス> シャンパーニュ・ワイン・グラス(#6449/28)
使用したプレート:ナハトマン <ボサノバ> スクエア プレート 28cm(#81398)※ナハトマン・オンラインショップに移動します。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 白水 健
  • Ken Shiramizu

(社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー/リーデル社認定ワイングラス・エデュケイター


学生時代にソノマのワイナリーでブドウの収穫を手伝う。ワインショップ勤務を経てリーデル・ジャパンに入社。日本人3人目の「リーデル社認定グラス・エデュケイター」。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス