日本も含まれる? ワイン生産に適した地帯「ワインベルト」とは

日本も含まれる? ワイン生産に適した地帯「ワインベルト」とは2017.09.07 UPDATE

winebelt_1

コーンベルト、コットンベルト、コーヒーベルトにバナナベルト——世界にはさまざまなベルトが存在します。

そしてその意味合いもさまざま。もちろんワインのベルトも存在しています。

ベルトとは?

ズボンがずり落ちないようにするもの……とはまた意味合いの違うベルトが、あります。

それは、地理学的なものであったり、民族学的なものであったり、はたまた政治経済的なものであったり。

そんなさまざまな「ベルト」の中で、「ワインベルト」の位置づけは?

ワインベルトをひもとく

政治経済的なベルト

アメリカ経済をひもとく時には、さまざまなベルト出てきます。

たとえば「コットンベルト」といえば、歴史的に多少の移動はありますが、オクラホマ州を西端、ノースカロライナ州を東端として結んだ以南の地域。この一帯は、綿花の開花前の気候が温暖多雨で、開花後には日照に恵まれて乾燥するという、コットン生産の適地。加えて歴史的には、奴隷制度や小作制度が導入され、プランテーションを営みやすかったという条件が備わっていました。

また、「ライスベルト」といえば、アメリカ国内における米収穫の大部分を占めるアーカンソー州、テキサス州、ミシシッピ州、ルイジアナ州の南部4州のこと。

同じく「コーンベルト」は、トウモロコシを主要作物としているアメリカ合衆国中西部、アイオワ州、イリノイ州、ネブラスカ州東部、ミネソタ州南部、インディアナ州、ミシガン州南部、オハイオ州西部、カンザス州東部、ミズーリ州などを指します。そして、単に栽培地域のみならず、農業組合の力が強く、政治にも家族経営の農家の意向が濃厚に反映する地域、という意味合いも含まれます。

また、ラストベルトは、アメリカ合衆国の中西部および大西洋岸中部の、脱工業化が進む地域のこと。従来、重工業と製造業の盛んなところでしたが、製造業の主体が国外に移行したため不振となり、代わりにナノテクノロジーやバイオテクノロジーで存在感を示している地域——という意味があります。

バナナベルト、コーヒーベルトも

一方、地誌的、民族学的な「ベルト」もあります。

たとえば「バナナベルト」は、赤道をはさんだ南緯30°から北緯30°の熱帯〜亜熱帯地域。フィリピン、エクアドル、台湾などのバナナの主要生産地が、この一帯に分布しています。

同じくコーヒーベルトは、赤道をはさんだ南緯25°、北緯25°の間で、平均気温20℃前後、年雨量1300~1800mmという条件下にある、コーヒー豆の栽培適地で、高度は、900m~2000mの間が最適とされています。

これらは、作物の栽培適地という地誌的意味合いが強く、世界的に展開しています。

ワインベルト
winebelt_2

さてワインベルトはというと、北緯30~50°、南緯20~40°の、ぶどう栽培およびワイン醸造に適した地域のこと。

年間平均気温10~20℃で、ぶどうの花の開花から収穫までの時期の日照時間が年間1250~1500時間、年間降雨量500~800mmという条件がついています。

北緯30~50°といえば、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、アメリカなどなだたるワイン生産地が含まれ、日本もその中に。

南緯20~40°といえば、チリ、アルゼンチン、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなど、こちらもニューワールドの名産地が該当します。

ベルトの中でも、それぞれの特徴が

「ぶどう栽培とワイン醸造の適地」であるワインベルトですが、その中でもそれぞれの地域によって、できるワインには特徴があります。

赤道に近い温暖〜高温地域では、アルコール度数が高く、タンニンが強く、酸は弱めのフルボディタイプのワインが造られます。反対に、赤道から離れるほどにアルコール度数は低め、タンニンは弱め、酸は強めのライトタイプのワインが多くなります。

その他の要素も関連しつつ、多彩な味わいが実現

winebelt_3

ワインを生み出す背景を「テロワール」といいます。

テロワールには、気候、環境、土壌、地質、歴史や、そこに住んでいる人びとの住民性までも含まれます。

「ワインベルト」というパースペクティヴも、テロワールのひとつと考えてよいでしょう。したがって、ワインベルトだけでワインが理解できるわけではありませんが、ワインを理解する大きな手がかりにはなります。

近年では、ミクロクリマの研究がすすみ、ワインベルトに含まれない地域においても、局地的にぶどう栽培が可能な条件を満たす場所が発見され、ワイン醸造が試みられるようにもなってきました。

ワインベルトの知識があれば、「へえ、こんなところでワインを造っているんだ!」という発見もしやすくなるはず。新鮮な驚きに遭遇しつつ、ワインを堪能する機会が増えるかもしれません。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • 髙山 宗東
  • muneharutakayama

ワインコラムニスト・歴史家・考証家・有職点前(中世風茶礼)家元


専門は近世史と有職故実。歴史的観点を踏まえてワインのコラムなどを執筆。

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今ならメルマガ登録で1,000円クーポンプレゼント
メールアドレス