ワインの香り

ホーム > ワインを楽しむ > ワインについて > ワインの香り

ワインの香り

ワインの香り

ブドウから得られる香り

ワインの香りはブドウから直接引き出されます。早飲みワインの場合、瓶詰め直後はもっぱらブドウ本来の香りが主導権を握ります。
果実の香りは熟成が進むにつれて脇役に回るか、熟成して生じたアロマを補う存在となります。

瓶熟成から得られる香り

長い時間をかけて瓶内で熟成が進んでいくに従い、あらたな香りが生まれ、熟成したワインの香りが深まっていきます。
ワインとしてのピークを迎えると、成熟したアロマが主導権を握りますが、最終的にはワインに”枯れた”印象を与えます。
ワインの中にはうまく熟成せず若いうちに飲んだ方がおいしいものもあります。

醸造課程から得られる香り

スチールタンク、木樽、バリック(小ぶりの木樽)のどれを使うかによって、ワインの香りは大きく左右します。
また、タンクや樽を使う頻度やトースティング(木樽を火にくべて焼くこと)の度合いによって、バニラ香からカラメル香までの香りが加わるでしょう。
さらに、酵母菌細胞をかき回す工程(バトナージュ)によって、イーストやバターの香りが生じるでしょう。
このように、醸造の課程で生じる香りは、飲み頃のワインでは香りの脇役にも、また主役にもなります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
PAGE TOP