ワイングラスの名門ブランド - RIEDEL(リーデル)
TOP > ENJOY WINE > Wine > 食後に粋な選択肢その1。 デザート代わりに甘口デザートワインはいかが?

2017/12/25

WineRestaurant

食後に粋な選択肢その1。 デザート代わりに甘口デザートワインはいかが?

wine for after dinner

前回は、レストランとビストロの違いについて取り上げましたが、「脱サラソムリエが本音で語るレストラン利用術」の20回となる今回は、食後酒について書いてみたいと思います。食後酒としては、甘口のデザートワインとアルコール度数の高いブランデーの2タイプがありますが、今回は甘口のデザートワインについて書いてみます。

そもそも、食後のデザートなのですが、なぜ食後に甘いものを食べるのでしょうか?和食では、煮ものには砂糖もみりんも使いますし、すき焼きでもしっかりと砂糖を使いますが、フランス料理では、前菜、メイン等の調理で砂糖を使うことはあまりありません。ですから、タンパク質、脂質を取りつつ、和食との比較では、糖質が少なくなっているのです。人間の生理として、足りない糖質を最後に補充したくなる欲求に応えるのが〆のデザートとなるわけです。この時に、甘いデザートを食べるのも良いですが、酒呑みなら、甘いお酒も魅力的な選択肢です。

wine for after dinner

甘いワインには、ソーテルヌのような貴腐ワイン、アルザスのピノグリやゲビュルツトラミネールの遅摘ワイン、ラングドックリューション(フランス南部)の酒精強化ワイン、干しブドウで作ったヴァンドパイユなど色々な種類のものがあります。美味しいデザートワインの特徴は、ただ甘いだけではなく、そこに寄り添う酸味にあります。

濃厚な糖分もしっかりとした酸が共存することでべたべたとせず、くっきりとした輪郭のある味わいとなるのです。ビストロアンバロンでは常時7-8種類の様々な種類のデザートワインをご用意しておりますので、是非お試しください。単体で楽しんでも良いですが、ブルーチーズとあわせたり、あるいは、デザートの後のくつろぎの1杯としてもお楽しみ頂けると思います。

「脱サラソムリエが本音で語るレストラン利用術」の過去記事はこちら
第19回 T.P.O.で使い分ければ上級者! レストラン、ビストロ、ブラッスリー、カフェはどう違う?
第18回 チーズに合わせるなら赤ワイン?白ワイン?
第17回 意外と知らない?フランス料理でチーズを食べるタイミング
第16回 着目すべきは料理の色。 「魚=白ワイン」「肉=赤ワイン」だけではないユニークなマリアージュ
第15回 できるお客様の第一歩!レストランでのスマートな支払い方法
第14回 ワインをオーダーする際に最初に考えるべき3つのポイント

ビストロ アンバロン(BISTRO EN BALLON)

〒106-0031
東京都港区西麻布1-9-7

TEL:03-6438-9699
http://bistroenballon.com/

  • 両角 太郎
  • bistroenballon
  • ビストロアンバロン オーナー

金融業界21年間のサラリーマン時代の食べ手としての経験を生かし、「自分が最も通いたい店」として2009年12月にビストロアンバロンを開店。ミシュランガイド「ボンヌ・プティット・ターブル」にて赤フォークとビブマークの両方の評価を得ている西麻布のフレンチビストロ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pinterest
TOPへ戻る